消えていく星の流線を

デフォで重め

【20章更新】アイドリッシュセブン メインストーリー第3部まとめ

 

女性向けアイドル育成リズムゲームアイドリッシュセブン』のメインストーリー第3部をまとめています。
随時更新していきます。
ネタバレしかありません。ぜひアプリゲームをプレイしてからこちらをご覧になることをオススメします。

 

全体の雰囲気を感じていただくもよし。
「あの話何章だっけ?」と索引的に使っていただくもよし。
記事の引用OKです。

 

プレイ画像など一切ありません。ひたすら文章でまとめています。
自分の言葉でかなり要約しております。

引用部分で考察、ポイントなど書いています。

 

☆記事内での呼称☆
【アイドルグループ】
IDOLiSH7アイドリッシュセブン)→i7
・TRIGGER(トリガー)→TRIGGER
・Re:vale(リバーレ)→Re:vale
・ŹOOĻ(ズール)→ZOOL

 

IDOLiSH7メンバー】
・和泉一織(いずみいおり)→一織
・二階堂大和(にかいどうやまと)→大和
・和泉三月(いずみみつき)→三月
四葉環(よつばたまき)→環
・逢坂壮五(おうさかそうご)→壮五
・六弥ナギ(ろくやなぎ)→ナギ
・七瀬陸(ななせりく)→陸

 

【TRIGGERメンバー】
・八乙女楽(やおとめがく)→楽
・九条天(くじょうてん)→天
・十龍之介(つなしりゅうのすけ)→十

 

【Re:valeメンバー】
・百(もも)→百
・千(ゆき)→千

 

【ŹOOĻメンバー】
・亥清悠(いすみはるか)→悠
・狗丸トウマ(いぬまるとうま)→トウマ
・棗巳波(なつめみなみ)→巳波
・御堂虎於(みどうとらお)→虎於

 

【小鳥遊事務所】
・小鳥遊紡(たかなしつむぎ)→紡
・小鳥遊音晴(たかなしおとはる)→音晴
・大神万理(おおがみばんり)→万理

 

【八乙女事務所】
・八乙女宗助(やおとめそうすけ)→八乙女、八乙女社長
・姉鷺カオル(あねさぎかおる)→姉鷺

 

【岡崎事務所】
・岡崎凛人(おかざきりんと)→岡崎

 

ツクモプロダクション】
・月雲了(つくもりょう)→了

 

【その他】
・九条鷹匡(くじょうたかまさ)→九条
・九条理(くじょうあや)→理
・逢坂壮志(おうさかそうし)→壮志

 

 

 

me-msc-u.hatenablog.com

 

me-msc-u.hatenablog.com

 

me-msc-u.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

1章 ツクモと、星影。

1.OPムービー。大雨の中、街中の小さな野外ステージに上がっているTRIGGER。それは数ヶ月前には誰も想像していないTRIGGERの姿だった。
世の中ではi7・TRIGGER・Re:valeの3グループを中心とした男性アイドルブームが起こっている。i7は1周年ツアーが決まり、チケットを取れないファンもいる人気ぶり。Re:valeは「リヴァーレ」という車のCMに出ている。TRIGGERはラスディメのミュージカルの追加公演が決まり、チケットはかなり高倍率になっている。この3組の仲の良さも人気だ。

 

2.小鳥遊事務所に新人スタッフが9人入ってくる。万理は千に顔バレし、事務所にこもる理由もなくなったのでMEZZO"のマネージャーとして現場に出ることになった。
あけぼのテレビ開局50周年記念パーティー。八乙女社長からの伝言で「i7を突き放しブラホワでRe:valeに勝って総合優勝するためにも、他の事務所のアイドルと馴れ合うな」と言われたTRIGGER。ヒットメーカーの歌手、花巻すみれもブラホワの強敵である。
そう言われたそばから仲良く絡むi7・TRIGGER・Re:valeの3グループ。陸は天の好きそうなケーキを取ってきてあげる。記念写真を撮るi7とTRIGGER。三月・十は百の芸能界運動部に入り、特に百と仲良くなった。
そんな中、大和の姿が見当たらない。ナギは大和が秘密を抱えていることを気にしている。
ナギは最近ノースメイアに帰ることが増えた。この日もノースメイアから帰国したばかり。大和「向こうではどんな騒ぎが起きてるんだ?」

大和は『Mission』の映画では死体コレクターの医師役。
大和はスーツの男性に呼ばれる。

 

3.星影芸能の星野に呼ばれた千、ツクモプロダクションの月雲了に呼ばれた百はそれぞれ挨拶に行く。
星影とツクモは、映画の時代からの二大巨頭プロダクションである。千葉志津雄は星影、ミスター下岡はツクモの所属。昔は星影かツクモじゃないとテレビに出られないほどで、二大帝国と呼ばれていた。

岡崎「うちは事務所が小さいので、星影とツクモとのバランスを取りながらギリギリ最前線でやれている」

紡は「スタッフが増えたぶん、i7を他の人に任せるのが不安で寂しい」と相談。岡崎も、百と千に1人ずつマネージャーが付いた時は寂しかったという。
岡崎「マネージャーは時に、タレント本人よりもタレントのことを考えている。だからこそタレントを完璧にコントロールしようとする事務所が生まれることがある。恩義を売るやり方の星影、タレントを商品のように扱うツクモがその例。ツクモで売れたタレントは、天国と地獄を見ます」

 

4.ツクモプロダクションの次男、月雲了と話す百。了は悪い連中とつるんでいるらしい。
了は「Re:vale・i7・TRIGGERはツクモの所属になる。星影もスキャンダルで身を滅ぼす。芸能界の勢力図は一変する」と話す。
一方、千は星影芸能の関係者から『Mission』で共演する棗巳波を紹介される。巳波は元天才子役として有名で、占いが得意、音楽をやっており最近ノースメイアの留学から帰ってきた。『Mission』は巳波が留学から帰ってから最初の映画出演。
千は星影から「千葉サロンのことは棗くんも知ってる。『Mission』では例の息子さんとうまくやってくれ」と言われ、「彼は暴露したりしない」と返す。話している最中、了と話す百を気にしている。
環と天の会話。環は理のことでまだ天に怒っている。天によると理は今、花嫁修業をしている。天「理は九条さんのことが心配なんだ」

天は「彼も理と同じように、どこかの事務所でデビューさせるんですか?」と言っていた(3部7章5話)。

九条は「理は夢を目指してレッスンに励んでるよ」と言っている(3部12章2話)。

花嫁修業は天がついた嘘。

 

5.「家族が不仲なのは不幸なことだよ。出来る範囲でFSCとの仲を取り持つから、家族と話し合ってみないか」と壮五に持ちかける十。壮五はそれを断る。壮五「十さんはきっとあたたかい家庭で育ってこられたんですね」
紡と楽が話していると、女性が楽に話しかけてきて、紡のことを「その人は八乙女くんの連れ?」と尋ねる。楽は紡との話を切り上げて行ってしまう。
一織と陸の会話。

陸「音楽の世界で生きることを夢見る人がたくさんいて、ひとつひとつが星みたいに輝いて、天の川みたいにあふれて、歴史になってる。ゼロもオレたちも、九条や桜春樹も、その大きな流れの中にいるんだな」

一織・陸は、TRIGGERやRe:valeと勝負するなら、その年で一番支持されたアイドルを決めるMOPがいいと話す。去年はRe:valeとTRIGGERが競ってRe:valeが優勝した。
三月・ナギは大和を探しに行き、関係者らしき男性と大和の会話を聞いてしまう。
大和「今のところ暴露する気はありませんよ、千葉サロンのことはね」男「芸能界に入るとしたら、有名になって千葉サロンの秘密を暴露するって言っていたのが本気じゃなくてよかった」
九条宅の前。天が帰宅すると少年(亥清悠)が立っている。少年は天に「お前の人生は無意味だ。必死に踊ったってトロフィーを獲ったって、いずれお前は移り気なファンや世間に忘れ去られる。お前の弟がそうなったようにな、七瀬天」と言う。

 

2章 大和の、後悔。

1.天は海外にいる九条に電話し、少年が誰なのか訊こうとするが繋がらない。
八乙女事務所。実家と電話している十。2番目の弟が「十龍之介に会わせてくれないなら付き合う意味がない」と彼女にフラれ、末っ子も「お前もエロいのか」とからかわれている。

十はセクシー路線を変更したいと言うが、八乙女社長は「今年こそTRIGGERがRe:valeを超えて日本一になる。そのために伸びしろがあるのは龍之介、お前だ。今年は龍之介のキャラを仕上げる。日本の女は全員抱いてやるくらいのハングリー精神を持て」と、今の路線のまま売り出そうと考えている。
MEZZO"とRe:valeが共演する番組の収録。万理もMEZZO"のマネージャーとして同行。テレビ局の廊下で、万理が「学生時代の千は朝起きれないし、連絡先管理できないし、人の顔覚えないし、生活能力なくて手間がかかった」とRe:valeの裏話をする。
寮。大和が頑なに秘密を話そうとしないのでギクシャクする大和・三月・ナギ。三月は、MCのことで悩んでいた自分と今の大和を重ね、大和が話してくれるまで信じて待とうと考える。

「日本の女は全員抱いてやる」面白すぎる。

 

2.『Mission』撮影初日。
監督は大和の父親に気を遣って、大和に指示を出しづらくやりにくそうである。監督は、千も大和もいい役者だと評価する。千のことは「流れていく川のように孤独で、誰かの元に留まれないし誰かが君の元に留まることもできない。流れが淀めば、水は濁ってしまう。そう知ってるから、君を愛する人こそ惜しまず去っていく。志津雄さんもそういう孤高の輝きだった」と話す。
巳波は大和に「千葉志津雄のことが週刊誌に抜かれたりして、i7の人気が落ちたとしても、二階堂さんは俳優として生き残ればいい」と嫌味まがいなことを言う。
ミスター下岡の番組にi7出演。下岡は三月に「千葉サロンのことで何かあったらフォローする」と言うが、何も知らない様子の三月に驚く。

 

3.一織・陸はクイズ番組のレギュラーになった。その収録で共演した花巻すみれがひどく疲れている様子。花巻は事務所とうまくいっていない。陸は「事務所とうまくいってないないならうちに来たらどうですか?」と声を掛ける。一織は「デリケートな移籍問題に軽い気持ちで口を出すな」と陸を注意する。一織は「自分だって今までプロデュースしてきた七瀬さんが移籍しようとしたら傷つく」と考える。と、ノートを忘れたことに気付き一織はテレビ局に戻る。


するとスタジオには、一織のプロデュースノートを読む九条鷹匡がいた。ノートには「体調を崩しやすい時期にはまたパフェギミのようにセンターが代わる可能性あり。それまでに七瀬さんの名前を売る。年内か年明けに七瀬さん主演、i7主題歌の連続ドラマが理想。八乙女楽主演ドラマの脇役に七瀬さんがオファーされるが、主演・主題歌以外はあり得ないので断る」と書いてある。
九条は日本に戻ってきているが理は海外でレッスンを続けている。

九条「i7はもっと売れる。七瀬陸がいるからね。天よりもあの子の方がゼロに似ている。だけど悲しい思いはもうこりごりだから七瀬陸のプロデュースはしない。i7は今以上に売れるが長くは続かない。流星のように一瞬で燃え尽きる」

一織「i7は私がいる限り、終わらせたりなどしません」

九条「終わりは晴れたある日に突然降ってくるにわか雨。雨は降り続けて、やがて世界を滅ぼす洪水になる。ノアの方舟は、僕にも君にもないんだよ」


寮。大和が役作りのため集めた、殺人に関する資料がテーブルに並んでいる。大和がこんなに役作りをするのは初めてである。
岡崎事務所。監督が言っていた「川のように孤独だ」という言葉を気にしている千。百は月雲了の家に行くところである。

1~2部ではTRIGGERが虹に例えられ、i7はそれを超える虹になることを目標としていた。しかし3部に入ってからi7は星に例えられることが増える。

・陸「ひとつひとつが星みたいに輝いて、天の川みたいに歴史になってる。ゼロもオレたちも、九条も桜春樹も、その大きな流れの中にいるんだな」(1章5話)

・百「俺たちはスターなんかじゃないけど、見上げてくれる人たちがいるから、体中に銀紙貼っ付けて星のフリしてんだ」(7章4話)

・一織→陸「流れ星を降らせて、虹を超えてください」(18章5話)

 

4.紡が生まれる前、音晴・八乙女・結はツクモプロダクションで同僚だった。よく3人で夢や目標を話した。音晴はタレントを消耗品のように使うツクモのやり方に反発して独立したが、八乙女は今でもツクモのバックアップを受けている。そのおかげで八乙女は歴史のあるツクモには逆らえない。

万理「そう聞くと芸能界は、夢や憧れが入っていく隙のない世界に思えますね」音晴「夢も憧れもあるよ。最後に決めるのはお客さんだ。どんな大手も、ビッグスターも、お客さんがいなければ何も出来ない。ファンや、ファンでない人たちが1番大事だ。i7が見ている夢、見せる夢はどんな強い力にも負けない魔法だよ」

 

月雲宅に来た百。了は百に「僕がツクモの新社長になる」と告げる。百はなんとかして止めさせようとするが、了は聞く耳を持たない。

了「僕はハンサムで賢く情熱的で、ビジネスの勘もあり趣味も豊富。スポーツ万能で教養に溢れている。話術も巧みで社交的、センスもいいし歌もうまい。なのに、両親は僕ではなく兄を愛した。アイドルも同じ。君たちは欠点のある人間なのに人々に愛され金を生む。その秘密を暴きたい。もしくは掻き回したい」
了はそのためにまず、千葉サロンのことで星影を叩いてツクモに吸収するという。了は「これから、とあるビッグネームが千葉サロンのことを暴露する。千葉志津雄の愛人の息子、二階堂大和の告白の音声を百が録ってきたら、Re:valeだけは守ってあげる」と取引を持ち掛ける。


寮。プロデューサーとしての一織に、「もしi7のイメージを汚すネタを俺が持ってるとしたら、俺を辞めさせるか」と訊く大和。一織は「i7にしがみつく覚悟があるなら、どんなことが起きても戦います。その覚悟がないなら、メンバーにどれほど罵られても私があなたを追い出します」と答える。
大和は「しがみつく覚悟なんて、生まれてこの方決めたことない。復讐なんて馬鹿なこと考えるんじゃなかった。オーディションを受けてi7になったあの日からずっと、後悔し続けてる」と呟く。

 

3章 大和と三月、決裂。

1.i7ライブの日。大和は楽屋で『Mission』の役について考え込んでいる。役と自分自身を重ね、「本当の自分の正体を知ったら愛されなくなる。俺もi7メンバーに恨まれるだろう。愛されたいからこそ、愛されないことが壮絶な恐怖になる」と考える。
i7は1周年ライブで『Sakura Message』を披露。一織は、陸の歌で笑顔になるファンを見て、九条の「七瀬陸を見ていると悲しい」という発言が間違いだと再確認する。
『Sakura Message』の売り上げも順調で、さらにi7の人気は上がっている。『Sakura Message』の作詞家から「発売後の様子はどうか」と連絡があった。

『キミと愛なNight!』ではi7が楽器演奏にチャレンジする企画が新しく始まることになった。その番組打ち合わせの帰り、陸は道端でうずくまって泣いている男性(狗丸トウマ)を見つけ声を掛ける。

 

2.男は陸がi7のメンバーだと気づき「i7なんかTRIGGERより歌も踊りも下手なくせに、TRIGGERを負かしたから嫌いだ。TRIGGERも俺たちより下手なくせに、俺たちに勝ったから嫌いだ」と言う。陸は、男が元NO_MADの狗丸トウマだと気づく。NO_MADはブラホワでTRIGGERに負けて以来、テレビで見なくなり解散した。

トウマ「俺達がTRIGGERに負けたのは、人気だとかいう、くだらない、目に見えない魔物のせいだ」
そこに香水のきつい男がぶつかってきて、陸が発作を起こしかける。トウマは陸をおぶって人が少ないところに連れて行き介抱する。


『Mission』撮影現場。「i7のためにこの映画は絶対に成功させないと」と考える大和に千が話しかける。千「君に初めて会った時、真面目で清潔そうな子だと思った。だけど今の君は必死に自分自身を評価されたがってる。このままだと自分を追い詰めていくよ」

千自身も『Mission』の主題歌がなかなか作れず苦しんでいる。「苦しんで生んだものさえ、愛されなかったり笑われたりもする。それでも僕らはそうして生きていく。ここにある何かを、表現し続けていたいから。君も同じだろう?つらくてつらくて、楽しいだろう?」

八乙女事務所。セレブキャラ作りの勉強のため、八乙女社長は十を連れ出し、世界最高クラスの高級ホテルチェーンを運営する一族の御曹司、御堂虎於に会わせる。

十はキャラを作ることに疑問を感じている。「精一杯歌って、精一杯踊ってる。そこにはなんの手抜きもしてない。全力を尽くしてるプライドがある。だけどそれだけじゃ足りないのか。キャラって一体、何なんだろう」

 

3.虎於は、十のセレブが作られたキャラクターであることを見抜いていた。そして「本当の自分を隠しているのは苦しくないか」と十に尋ねる。

 

寮。大和を心配する三月・ナギ。三月は大和から話してくれるのを待っていたが、ナギの言葉で大和と直接話をする。

ナギ「簡単ではない言葉を、置手紙に託して去っていった知り合いが1人います。2人目をヤマトにしたくありません」

夜、三月は大和に、千葉サロンとは何か、なぜ芸能界に知り合いが多いのか訊く。大和は「余計な好奇心だ」と話をはぐらかす。

 

4.また話を誤魔化そうとする大和に、三月は殴りかかってしまう。大声と物音で他のメンバーも起きてきて三月を止める。


十と虎於の会話。

十「セクシーキャラを演じているのは見ている人を喜ばせるため、TRIGGERを大きくするためだ。たくさんの人が最高の仕事をして、俺を盛り立ててくれる。俺自身が、色んな人の知恵や経験で作り上げられたエンタメなんだ。本当の俺のことを仲間たちは知ってて、支えてくれる。その秘密さえも仲間との絆に思える」

別れ際、虎於は十に「今夜の会話、録音してたらどうする?」と言う。

虎於は「花巻すみれが事務所とトラブルになってるらしいから相談に乗ってくれ」と言う。
十と別れた後、虎於は了に電話し「現代の千葉サロンの幹部には見えなかった」と話す。

 

5.大和は映画の撮影が終わるまで寮を出て行ってしまう。壮五「大和さん言ったじゃないですか!僕たちは7人なんだから、1人で抱え込むなって」大和「お前と俺は違う。お前はいつも人のことを考えてる。俺は自分のことしか考えてねえよ」

三月も寮を出ていくと言い出し、「兄さんを1人にできません」と言って一織もついて行ってしまう。
三月は、昔オーディションに落ちまくっていた時、アドバイスをくれた一織に「指図するな、オレのことはオレが決める」と怒鳴ったことを謝る。三月には、一織の心配に気づけず人の話を聞けていなかったこの時の自分と、今の大和が重なって思えた。
終電もなくなった時間で、行先に迷っている一織と三月のところに、車で百が通りかかり声を掛ける。

陸くんのことをブラコン、ブラコンと言っておきながら、一織くんもなかなかのブラコンぶりを発揮している。

 

4章 4人だけの、寮生活。

1.千と大和の過去の会話。千は大和の父親に呼び出され洗車している。そうすれば小遣いがもらえ、百に良い肉を買えると言う千。

千「汗だくになって泥をかぶっても、大事にしたい仲間はいないのか」

大和「必要ない」


大和は『Mission』の撮影が終わるまで寮に戻らないと言う。三月も自分が先に戻ると大和が戻りづらくなるからと、寮に帰ろうとしない。一織は「兄さんの意見を尊重します」と言うばかり。
一織・三月は百の家に泊まっている。大和は「お世話になった志津雄さんや万やマネージャー(紡)のためだ」と千に説得され、千の家に泊まることになる。
寮では環が脳みそみたいなラーメンを作ったり、陸が竹炭みたいなドーナツを作ったり、壮五が激辛ペペロンチーノを作ったりと、ご飯もままならない状態になっていた。寮に残ったメンバーは紡や万理にこれ以上負担をかけたくないため、直接メンバー同士で連絡を取って解決しようとする。
そこに工事業者が来る。ナギが「ストーカー被害に遭っているからセキュリティーを強化する」とリフォームを頼んでいたのだった。ナギいわくそのストーカーは「ワタシが必要になったり、邪魔になったりする一貫性のない人」。

 

2.虎於に会ってからキャラ作りのことが吹っ切れた十。十の調子が上がったことで、TRIGGERの人気も今まで以上に上がっている。『Friends Day』のメインパーソナリティーに決まったRe:valeや調子のいいi7に負けまいと意気込むTRIGGER。
八乙女事務所。百は八乙女に何か取引を持ち掛ける。百は了に「もうすぐ仕掛ける」と電話する。

 

3.百宅。外には芸能記者がいて、百を張っている。売れてくるとゴシップを探されるようになる。
千宅。大和は千に、真夏に洗車していた日のことを話しかけてやめる。

大和「俺がi7にダメージを与える前に、映画でi7に貢献したい」

千「それは問題のすり替えだ。作品が愛されても君自身が愛されたことにはならない。作品が否定されたからって、君が否定されたことにはならない。君は愛されたいのに、愛される努力をしていない」

それが頭に来た大和は、我を忘れて千の首を絞める。


寮。寮に残ったメンバーで唯一成人している壮五は、自分が何とかしなくてはと悩む。そんな壮五に気づいて環は「悩むのはやめろ」と言う。

壮五はやたらと周りと自分の年齢を重んじて行動する傾向がある。

「僕は大人だから、君みたいな振る舞いはできないんだ」(1部9章4話)

「20歳過ぎて人前では泣けないから」(2部8章3話)など。

大企業の会長の父親のもと、厳しい年功序列の環境で育った癖なのだろう。

 

4.陸は一織に電話し、話を試みる。しかし一織は「兄さんが責められる点はありません」と三月を庇う。陸はそれを、天に対して怒っていた自分への当てつけのように感じ、言い合いになってしまう。

『キミと愛なNight!』収録。寮を出て以来初めて顔を合わせた大和と三月だったが、普通に会話しており仲直りできるかと思われた。大和は賃貸情報誌を落とし、1人暮らしを考えていると言う。
トーク収録で大和と三月は、大和「1人焼肉最高」三月「メンバーも連れてけよ」と、何気ないトークに見せかけ大人の喧嘩を繰り広げる。

 

5.壮五は自分が何とかしようと思い、大和、三月をそれぞれ誘い話そうと思うが、2人とも断られてしまう。しかし2人共他のメンバーのことは心配しており、三月からは食事のレシピ、大和からは「出前でも取れ」とお金を受け取る。
大和はi7に迷惑をかける前に辞めようか悩んでいる。そこに百が通り、百宅に来て三月と話し合うように言う。しかし大和はまた我を忘れて百に「あんたらだって真正面から喧嘩できなかったから声が出なくなった。万理さんがうちの事務所にいるのも、本当は知ってて黙ってたんじゃないか」と言ってしまう(百は本当に知らなかった)。明らかに思い詰めている大和を心配する百。「俺は最低な奴だ」と言う大和。

百は「最悪な人なんていない。最悪な状況があって、不幸な人を生むだけだ。それだって風邪みたいなもんだよ。自分のことを否定しないで、自分を慰めてあげて。大和の話をオレも聞きたいからまた今度話そう」と言う。

 

5章 大和の、本音。暴露の陰謀。

1.大和はファンから「大和と三月のコンビが好きだから仲良くしてね」と言われる。三月は、番組で大和と目が合っていなかったことをファンに指摘されているのをSNSで見て、自分が折れて大和と仲直りしようとする。大和に電話する三月だが、大和は電話に出ない。

一織は街でi7の人気に関するデータを集めるため、初めて学校をサボった。楽器演奏に挑戦した回の『キミと愛なNight!』は瞬間最高視聴率が良かった(恐らく陸のシーン)。SNSや街でもトロンボーンを吹いた陸の評判をよく聞く。一織は、今の陸の人気の理由が分からず気持ち悪いと感じる。

 

『Mission』撮影現場。三月と百からの着信に気づいた大和。

そこに千が来て、大和は千と初めて会った日のことを話し出す。「あんたが洗車しに来た日、あんたは汗だくで、すげえダサかった。だけどあんたは、洗車するとお小遣いがもらえるから、一緒に住んでる相方に良い肉が買えると言った。誰かのために一生懸命になれるあんたが羨ましかった。俺も誰かのために一生懸命になりたかった。一生懸命やってるあいつらに申し訳なくて……言えないです。お前ら巻き込んで親父を困らせたかっただけなんて。信用されるほど、合わせる顔がなくなって……言うのが怖い。言えない代わりにあいつらに優しくしてきた。俺は最低の偽善者だ」

千は素直に言った大和を「頑張ったね」と褒め、今ここでメンバーに電話するように言う。大和は三月に電話する。

 

2.翌日、大和と和泉兄弟は寮に帰ることになった。

テレビ局。徹夜で『Mission』主題歌のデモを完成させ、眠そうな千。そこに万理が話しかける。千が「デモを聴くか」と尋ねる。

万理「百くんが気にするからRe:valeの曲作りにはもう口出ししない。でも完成した曲はいつでも星5評価だよ。Re:valeを応援してる。お前や百くんが好きだよ。だけど2人がどんなひどい目に遭っても俺は駆けつけないし、助けられない。もしもi7だったら全力で助けに行く。今はあの子たちを助けるのが俺の仕事だ」

千が「もし僕が川だったら…」と監督に言われたことを万理にも訊くと、万理は「お前が川なんて穏やかなもんか。お前はチョモランマかグランドキャニオンか武陵源かアラスカかサハラ砂漠だろ」と一蹴する。千はそれを聞いて笑い、「チョモランマでいいや」と吹っ切れる。

千は、照明が落ちて万理が怪我をした時に歌っていた『未完成な僕ら』がトラウマで、未だに歌えずにいる。

万理「克服しろよ。百くんは1番好きだって言ってたぞ。初めて貰ったファンレターに書いてあったろ。まだ宝物みたいに取ってあるよ。俺にとってもRe:valeは青春だから」

 

Re:vale楽屋。百と了が千葉サロンの暴露の話をしているところに、千が入ってきて話を聞いてしまう。大和を利用すると了に聞かされた千は百と揉め、百を殴る。百は了を楽屋から追い出す。

 

3.千が百を殴ったのは耳元で「殴って」と百に指示されたからだった。百は了を帰すために揉める振りをしたのだった。

百「大和を売るつもりはないが、千葉サロンの暴露の動きが大規模なのは本当だ。千葉志津雄の妻、朝宮巴もその片棒を担いでいる」

すると楽屋に再び了が入ってきて「星影にはスパイを忍ばせてるからたれ込んでも無駄だ」と言う。

千「モモが本当に計画に乗ったと思った」

百「バンさんなら疑わなかったでしょ」

千「僕が初めて一生懸命をしたのは、万じゃなくモモだったよ」

 

大和が寮に帰るとナギが出迎える。ナギは、「大和の打ち明け話会をする」と言ってi7・TRIGGER・Re:valeを寮に呼ぶ。

 

4.i7の寮に集まった3グループ。大和が話を始めづらそうなので、千が大和に初めて会った時の話をする。

千「僕がとある先輩の別邸に行った時、学ランを着た男の子がいました。その子は『あんた新入り?パチンコですって来いよ』と言って、のし袋に入った札束(お年玉?)を僕に渡してきました」千と百はそれで豪華なおせちを作った。

やがて大和は自分のことを話し始める。「俺は千葉志津雄の愛人の息子で、家には業界の人がたくさん出入りして、タブーな話で溢れていた。みんな親父に心酔してたから、親父をべた褒めだったし俺にも優しかった。親父も馬鹿みたいに俺に甘かった。俺もガキの頃は親父が好きだった。小学校高学年くらいの時に、初めて千葉が本当の奥さんとテレビに映っているのを見て、俺は愛人の息子だと知った。テレビの中が本物だった。俺の家の方が、嘘つきが集まって作ったテレビだった。俺は親父と口を利かなくなって、あいつの口から打ち明けてくれるのを待った。だけどいつまで経っても何も言わず、俺の機嫌をうかがって哀れで苛立たしかった。何度も許そうとしたよ。そのには、人間なんて、家族なんてこんなもんかって思ってた。嘘をついて、気まずくなったら黙って、適当に笑って……今の俺そのものだ」

三月・楽「なんで親父を怒らなかったんだ」

陸「お父さんのことが大好きだったからじゃないですか?裏切られたことが悲しくて、悔しくて、でも嫌いになりたくなくて、許したくて。オレも天にぃが出て行った時そうだった。許したいのに許せないのがつらかった」

大和「そうだな……俺もきっと、親父をもう一度好きになりたかった。けど、親父も自分も好きになれないまま適当にやっていったんだけど、無性に許せなくなる時があった。スカウトされた時がまさにそうだった。全部暴露するつもりでオーディションを受けた。けど、他の奴は一生懸命やってて、俺の動機の不純さが恥ずかしくなった。こいつらの夢を叶えたい、こいつらを守ってやりたいと思うほど、俺の経歴がi7の邪魔になるんじゃないかと怖かった。もし俺のせいでi7がだめになったら、ごめん。ずっと謝りたかった」

そんな大和を受け入れ、許すメンバー。三月「こいつらの夢、あいつらを守りたいじゃないだろ。オレたちの夢、オレたちを守りたいだろ?」

大和「ああ……このまま一緒にやっていきたい。自分を好きになれる場所にいたい。ここにいたい」

Re:valeは千葉サロンの暴露の動きについて話す。

 

5.百は表向きには大和の告白音声を問ってくると言い、実は暴露しようとしているメンツを探っていた。八乙女社長も百に協力していた。それでも説得できない人もいて、千は千葉に頭を下げてくれるようお願いしに行ったが、千葉を怒らせてしまった。そこで大和から千葉に、千葉サロン暴露を止めるために謝ってくれるよう、電話してほしいと頼む。

 

大和と紡の会話。千葉は大和の頼みを飲んでくれた。

大和「結局(千葉は)俺と同じだったんだ。愛されたいのに、愛される努力をしない。優しい誰かが察してくれるのを待ってる。そんな風に生きてきたから敵もいる。マネージャーはおっかない女だと思ったよ。誰かが抜けるなんて想定もしないでIDOLiSH7って名前を付けた。7人を縛る名前、その信頼が重かった時もあるけど、今は誇らしい。終わらせない、i7を」

紡「皆さんの名前に数字が入っていたことに着想を得てつけた名前ですけど、今は運命みたいに思えます」

 

寮。久しぶりに全員でご飯を食べたi7。翌日のライブではめちゃくちゃ仲良くなっており、大和はMCで「三月のひじきご飯が美味しかった」と話す。

 

了宅。百を呼んだ了だったが、代わりに来た千が了と話している。千によると、朝宮巴など数人は暴露から降りたが、まだ残っているメンバーもいる。すると了の携帯に、千葉志津雄が引退するという知らせが入る。引退後の暴露は効果が半減するため了はイラつくが、「まだサプライズは残っている」という。

 

ゼロアリーナ前。悠・巳波・トウマ・虎於が集まっている。虎於はここに来る前に花巻すみれと会っていた。

巳波「ノースメイアにいた頃から彼と一緒に手掛けていた曲がもうすぐ完成する」

悠「九条天、お前をステージから引きずり降ろしてやる」

 

6章 千と万理の、出会い。

1.小鳥遊事務所。千葉の一件で、Re:valeがi7のために尽力してくれたことを知って嬉しそうな万理。万理いわく、千は昔はもっと無口で図々しくて顔だけが取り柄のトラブルメーカーだった。「千さんと万理さんの歌を聞きたい」とi7に言われた万理は、今度CDを持ってくると約束する。万理は「目的が果たせたから小鳥遊プロダクションの事務員をやっている」。

一織「外の日差しが眩しいな。もう夏ですね。私たちの1周年ツアーもいよいよ始まります」

 

Re:vale楽屋。勝手に了に会いにいった千に怒る百と、了とズルズルと付き合い続けた百に怒る千。2人が言い合いになりピリピリしている。千「いいか。2度と僕を騙すな」

万理の目的=千が芸能界デビューし、音楽を続けること

 

2.音楽番組、Re:valeのトーク。一番好きなRe:valeの曲を聞かれる。

千「『NO DOUBT』かな。歌詞もいいし」

百「『未完成な僕ら』…じゃなかった、オレたちのだよね!『SILVER SKY』かな」それを見た千は複雑そうな顔をする。

 

テレビ局の廊下で、虎於が紡を口説こうとする。

MEZZO"は新しく音楽情報ラジオ番組を始める。その話を廊下でしていると、虎於が通りかかり、壮五は環の後ろに隠れる。壮五と虎於は何度かパーティーで会ったことがあり、知り合いである。

虎於「勘当されたって?逢坂は日本の近代化を担った財閥だ。体面に厳しいからな。会長さん、弟とあなたを奪った音楽を憎んで、ぐっと老け込んだ」

壮五は「叔父さんを死なせたのは音楽じゃなくてあなた(父親)たちじゃないか」と呟く。

 

3.一織・環の高校に悠が転入してきた。悠が国際電話で「あっちゃんの馬鹿!俺は絶対にあいつ(天)を見返してやるって決めたんだ!昆布茶?いらない、超まずそう」と言っている。そこに通りかかった一織・環が話しかける。悠は「i7はもうじき終わりだ」と言う。

街では女子高生が『キミと愛なNight!』を見てブラスバンド部に入ったと話している。ライブでも陸のファンが増えた。一織はその理由を考える。環は「楽器やってる時のりっくん、サウンドシップで『NATSU☆しようぜ』歌った時のオレたちみたいな感じ」と言う。

一織「七瀬さんの歌は最高だ。七瀬さんはライブではいつも笑っている。笑顔は魅力的だと思う。でも、楽器コーナーでは真剣にチャレンジしているから、笑顔はあまりない。手のひらからこぼれ落ちていくようで、置き去りにされてしまうようで、不安になる」

3部10章2話、理に電話する九条が言った「昆布茶のマフィンか」から、悠の電話の相手は九条理である。

 

MEZZO"ラジオの打ち合わせ。新番組のタイトルは『MEZZO”のロングヒットアルバム』。壮五が環にオススメの曲を紹介していく形で進める。スタッフはこの番組を5年10年と続けて、MEZZO"のライフワークにしたいと考えている。

 

4.Re:valeの話し合い。岡崎「2人とも何も言わないでもうまくやってこれたせいで、大事な話をするのが少し下手ですよ」

百「言うことを聞いてたのはずっと、千の方だよ。オレたちが始まった時から。最初から今まで、全部オレのエゴだ。それでも千さんにはトップに立っていてほしいんだ」

 

百は、千と岡崎の言うことを聞かずにまた了のところに行き、どうにか機嫌を取って芸能界を辞めてもらおうとする。しかし了は聞く耳を持たない。了「モモは僕との約束を破ったからね」

千はi7・TRIGGER・万理・紡にラビチャで「行かないで、と百に連絡してくれ」と送る。

 

小鳥遊事務所。万理は千との昔話を聞かれ、話し始める。万理は『未完成な僕ら』のCDをかけ「僕らの思い出の曲だ」と言う。

万理が高2、千が高1の時に、万理の中学時代の軽音楽部の友達の紹介で、違う高校で音楽をやっていた千に初めて会った。その時に『未完成な僕ら』を聞かせてもらった。

 

5.千と万理の過去の話。

千は初めて万理に会った時、ずっと何も喋らず窓の外ばかり見ていた。しかし万理の曲を聞くと気に入ったようで、万理の家で他の曲も聞くと言う。千は「折笠千斗(おりかさゆきと)」と名乗る。

万理「千の曲は本当に良かった。聴いてる音楽の趣味も似てたし、俺の曲に千の声が乗るのが嬉しかった」

やがて2人はバンドを組むことにしたが、集めたメンバーを千が片っ端から切ってしまったり、また端整な容姿の千には女性関係のトラブルが絶えず、万理はいつも苦労していた。万理「千は人付き合いが下手で、いい加減でだらしない奴だったけど、曲作りに関しては真摯な努力家だった。全身全霊で思い入れるタイプだった」

万理が千の曲にアドバイスすると、ある時は頑固なのに、ある時は柔軟に変えたりした。千は「『未完成な僕ら』は初めて作った思い入れのある曲だからずっといじって作っていたい」と言う。

「Re:vale」というバンド名は千が考えた。

千は、曲自体よりも自分自身の見た目や性格が評価されてしまうことに悩んでいた。

千「みんな苦しんで曲を作ってるのに、自分の評価のために歌を歌うなんて、傲慢だ。僕は僕が愛されなくたっていいから、僕の歌だけ、神様にも虫にも愛してほしい」

万理「千が否定されたって千の歌が否定されたことにはならない。千が愛されたって千の歌が愛されたことにはならないように」

バンドメンバー探しに腐心し、これでは曲作りに集中できないと考えた万理は、演奏をやめて打ち込みで音楽を流し、踊ろうと提案する。「前に学園祭でやったらウケただろ?」と言う万理。こうしてRe:valeはアイドルになった。

千は「映画で成功してi7に評価されたい」という大和に、「作品が愛されても君自身が愛されたことにはならない」と言っていた(4章3話)。この言葉は実は千自身が万理から言われたことの請け売りだった。

万理一空』では2人が学園祭で踊るところも描かれている。

 

7章 Re:valeが、千と百になるまでの、話。

1.千「『未完成な僕ら』を歌って、もしも隣に何か落ちてきたら、今度こそ無理だ。耐えられない。この曲を歌いたいのか、聴きたいのか、あいつは選べないだろうな」

 

万理がi7にRe:valeの過去を話す一方、百も了に昔のRe:valeのことを話していた。

百は高校生の頃サッカー選手を目指していたが、全国大会の決勝前に怪我をしてしまい、プロになる夢を諦めようとしていた。

そんな落ち込んでいる時に姉に誘われ、百はRe:valeの結成3周年ライブに行く。百の姉は万理のファンで、万理より人気があってファンと喧嘩したことがある千は苦手だった。

ライブで『未完成な僕ら』を聴いた百は泣いてしまう。

百「一瞬で圧倒された。了さんは映画の台詞や、小節の一文や歌のフレーズを聴いて、まるで自分のことみたいだって思ったことない?自分が言葉に出来なかったことが、そうそれ!って感じでそこにある。もどかしくて、はっきりしなくて、目を背けようとしてたものを真正面からぶつけられて、泣き出しそうな感じ」

了「人に共感したことは、あまり」

百「あんたも可哀想な人だな。あんなすごい経験を知らないなんて」

百は「『未完成な僕ら』を聴いて、考えないようにしてた悲しさや悔しさが込み上げて泣いてしまったけど、これから前に進めそうです。この曲を作ってくれてありがとうございます」とRe:valeにファンレターを送る。

万理「俺たちの歌が誰かにきれいに届いて、その人の人生のためになるなんて、奇跡みたいだ。今までの苦労が報われた気がするよ」

千も大切に作った曲を大切に受け止めてもらえて嬉しく思い、泣いてしまった。

万理「自分の歌を喜んでくれる人がいた時、これ以上ほしいものはないって思った。ずっと欲しかったのはお金でも評価でもなく、これだったんだって」

千はなんとなく辞めようかとも考えていたが、このファンレターを読んでから真剣に歌って踊ろうと決めた。千は万理に「僕らは世界一になれる。一緒に死ぬまで歌っていよう」と伝える。

 

2.Re:valeは順調に売れ始めたが、徐々にすれ違いが起きていた。

万理「ひとつは俺自身が、裏方業務の方に興味が出てきたから。今思うと、あの手紙をもらったことで作曲に対する意欲が満たされちゃったんだろうな。もうひとつ目的があった。千を音楽で食っていけるようにしたかった。あいつは一般社会じゃ生きられない。芸能界に入ればあいつらしく自由に生きられる。だからなんとかデビューしたかった」

そんな時、「血のイヴ事件」が起きた。千に女を盗られたと思った男たちが集団でステージに乱入したのだ。その時、百がステージに上がって男たちを倒し、Re:valeを助けた。

その日のライブ後、千と万理に謝りに行った百。百は憧れのスター2人を目の前にかなり緊張していた。それから万理に連絡先を教えてくれないかと頼まれ、万理の手帳に「春原百瀬(すのはらももせ)」と名前を書く。

この時千は百の本名を把握していた。しかし、2部7章4話でRe:valeはお「互いのフルネームを知らない」と言っている。なぜそんなことを言ったのか?テレビ用の設定? 

 

3.万理「Re:valeを結成して5年目に入った頃、九条って男から名刺をもらった。九条は最初から千だけが目当てだったような気がする」

 

千「ゼロを超えるだの、理想のアイドルだの、あの男の中で勝手にプランが決まってる。僕はロボットじゃない」

2人はもっと気の合う事務所からデビューしようと九条の誘いを断った。しかし忘れかけた頃、九条から万理に連絡があった。万理は「お前は二流だから千の足を引っ張るな」と言われた。そんな時に岡崎事務所に声を掛けられた。岡崎事務所は、岡崎凛人の兄が社長を務めている。

大学生になった百はよくRe:valeのライブの手伝いに来ていた。

そして、岡崎が見に来ていた日のライブで、『未完成な僕ら』を歌っている時に照明が落ち、千を庇った万理が顔に怪我をして救急車で運ばれた。それから千は『未完成な僕ら』を歌えずにいる。

万理は千を九条から守るため、黙っていなくなった。千は歌を辞めると言ったが、百は1ヶ月通いつめて、最後には土下座で「歌を辞めないでくれ」と頼み込み、千と百でRe:valeを組むことになった。

(『万理一空』において、九条は「万理の顔の手術代を負担する代わりに、自分の所からデビューしよう」と千に持ち掛けていた。万理は九条のもとでは千が自由にやれないと思ったので黙っていなくなった)

新旧Re:valeの過去を描いたノベライズシリーズの一篇『万理一空』において、九条は「万理の顔の手術代を負担する代わりに、自分の所からデビューしよう」と千に持ち掛けていた。万理は九条のもとでは千が自由にやれないと思ったので、黙っていなくなった。

このことは2部10章1話で百からも語られている。

 

4.千「なんでそこまで?」

百「なんでって、嫌だからです…オレ、ずっと夢見てたことが終わっちゃったんです。Re:valeが同じように終わるのは嫌です。千さんの夢まで終わるのは嫌だ。千さんはまだ歌えるのに」

万理「百くんが相方になったのには驚いたけど、同時にすごくしっくりきた。千は俺とだと俺に任せっきりになっちゃうけど、百くんとだと格好つけたいのか、ちゃんとする。仕事上の相性がぴったりだ」

これで万理の過去の話は終わり。万理「俺の居場所はここだと思ってるよ。昔のことを褒めてもらって嬉しい反面、今の事務所には必要とされてない気がして、少し寂しかったんだよね。俺がここにいないと困るって、みんなに言ってもらえて良かった。今はi7の成功が俺の夢だから」

百は「千は歌われない歌は可哀想だと言ってた。だからいつか…」と『未完成な僕ら』を歌いたいのか聞きたいのか、決められずにいる。了は「元相方に席を譲ればいい」と百をいびる。

百「バンさんに脅かされてるオレはいつよ。だけど同じくらい、ユキさんとバンさんが並んで歌っている姿を見たがってるオレもいる。これは両立しない。だけどオレだけじゃなくTRIGGERやi7も、思い通りにいかないことを抱えても、掴みたい願いがある。俺たちはスターなんかじゃないけど、見上げてくれる人たちがいるから、体中に精一杯、銀紙貼っ付けて星のフリしてんだ。せめてその人たちの前では笑ってたいから、飛べもしないのに必死で宙に浮かんでるフリしてるんだ」

それでも理解を示さない了に、もう2度と来ないと吐き捨てて百は帰る。

 

5.千は百の悲鳴が聞こえたら助けに入ろうと、金属バットを持って了のマンションの下で待っていた。マンションから出てきた百に千は「『未完成な僕ら』をいつかモモと歌いたい。モモのために作ったような歌だから」と言う。

回想。百「バンさんと一緒にRe:valeをしてた5年間だけでいいからです。5年間だけオレと組んでください。バンさんとやってた時間をオレは超えたりしないです。ただのスペアだと思ってください」

そうして千がOKしたのだった。

 

一方、万理は音晴に拾われ小鳥遊事務所で働くことになる。テレビで紹介されるRe:valeを見た万理「ああ、良かった。俺のしたことは間違いじゃなかった。あの歌も、出会いも、さよならも、神様にも虫にも愛されてるよ」

 

寮。陸が夜食を作っているところに一織が来る。

陸「オレは死ぬまでi7って思ってたけど、みんながそうだとは限らないもんな。もし終わりがきても、円満にお別れがいいなとか考えちゃって。終わりって急にやってくるものだから。人の気持ちも、人の体も変わるし……その時がやって来たとして、きっとこれで良かったんだって笑って言えるといいな」

一織「……私は無理です。どんな終わり方をしたって、あなたたち全員が満足してたって、i7の終わりに良かったなんて、絶対に言えません」

 

九条宅。天が悠のことを九条に尋ねる。

九条「亥清悠。天と同じ時期くらいに育てていた子だ。違うやり方でね」

天「彼も理と同じように、どこかの事務所でデビューさせるんですか?」

九条「いや、あれは失敗作なんだ」

九条は「友人——春樹から煩わしい仕事を押し付けられてね。そのために帰国した」と言って眠ってしまう。

i7を「永遠」にしたい一織。

対して陸はi7が終わることに嫌悪感を示さない。陸は「i7は永遠ではない」と考えている。

 

8章 『Friends Day』、テーマソング合宿。

1.チャリティを目的とした24時間番組『Friends Day』の出演オファーがi7に来る。メインパーソナリティーはRe:valeで、百は3回目、千は2回目の出演。TRIGGERもi7と一緒にパーソナリティーを務める予定で、2回目の出演。

一織はこの3グループがごり推しの印象を与えないか密かに危惧している。

八乙女社長も同様に、3グループセット売りの流れを止めたいが、チャリティ番組の出演を断れば拝金主義的なイメージを与えてしまうため、仕方なく受けた。

Re:valeはすっかり仲直りした様子。『Friends Day』にはミスター下岡をはじめとしたツクモ所属タレントは1人も出ず、了は何か企んでいそうだ。

3グループ出席の制作会議。3組は24時間合宿で番組テーマソングを作る企画を急遽知らされ、熱海に向かう。作詞作曲Re:vale、振り付けTRIGGER、衣装デザインi7。

 

2.天はナギに、桜春樹が亡くなったことについて話そうとするが、ナギは何も知らない様子だったので、もう一度九条に確かめてから話そうと考える。

熱海に着いた12人。成人組は酒を飲みながらテレビで使えない話をガンガンし始める。『NATSU☆しようぜ』のこと、千葉志津雄と大和の関係、千が女優に共演NGを出されまくったため恋愛ドラマから硬派系にシフトしたことなど。

十「ナギくん、語学力すごいんだって?うちなーぐち喋れそう?」

十はナギにうちなーぐちを教える。

未成年組はだるまさんがころんだをやり始め、会議は始まりそうにない。

 

3.スタッフからくじ引きで買い出し、夕食作り、お風呂係、お楽しみ係を決めるよう指示される。

買い出しに決まった大和・三月・千だったが、千が女の子の霊を連れて帰ってくる。

お楽しみ係の壮五・陸・十は肝試しを企画し、女の子の霊にも協力してもらう。入院生活が長く、幽霊に慣れている陸が女の子の霊との通訳をする。

夕食係は環・ナギ・百。風呂・布団係は一織・十。天はBGM係。

女の子の霊へのお礼として、天はゼロの歌を歌ってあげる。

天「ボクらは住む世界が違うから、ずっと一緒にはいられないんだ」

陸のモノローグ。「ずっと一緒にはいられない。まるでオレたちのことみたいだった。i7も、TRIGGERも、Re:valeもそれぞれの夢を掲げて違う世界を生きている。今は同じ場所で笑っているけれど、今日みたいな日は二度と来ないかもしれない」

いやはよ曲作れやアイドルご一行!!

 

4.ようやくテーマソング作りが始まる。曲のテーマは「愛」に決定。

陸「頑張る人を応援するみたいな感じがいいんじゃないかな」

十「応援してくれている人に、エールを返せたらいいよね。みんなが元気になれるような歌とダンス」

三月「自分も勇気づけられるのがいい。自信が持てて、悩みを忘れられるような」

百「ありがとうも大好きもいっぱい込めてハッピーな気分で踊れるような曲」

大和「周りを見渡せば仲間がいる。そんな風に勇気づけられる感じ」

千「一生に一度の記念日のような、楽しい毎日のような歌。スペシャルだけどありふれていて、自分や誰かを力づけたいと願っている。僕らそのものをメッセージにしよう」

3組はそれぞれ作業を進める。

 

環が上手な絵で衣装デザインをホワイトボードに描いていく。

環「みっきーはいつもファンの子のこと考えてる。それってすげー根性がいるんだってわかった。強いなって思った。俺もそうなりたい」

三月「喜んでほしいって頑張ってる時に、反対の結果になるとへこむよな。俺もすげー落ち込んだ。色々悩んだけど、お前らやファンのみんなが大好きだからひと踏ん張りできた。環は強い男だって俺は知ってるから、そうなれるよ」

 

5.壮五が千のところに作曲の見学に来る。

千「壮五くんの叔父さんもやってたんだっけ。作曲やってみたら?桜春樹の曲は有限だろう。i7を無限にするなら、やってみたら」

壮五「音楽は好きですけど、そんな才能は僕にはないです」

千「センスもあるけど、好きが1番大切な才能だよ。リピートを可能にする。好きなことは1日中、取り憑かれたようにできるでしょう。それが才能だよ。やる時間が長いだけ上達するから。普通なら投げ出してしまうことも、情熱があれば何度くじけても再び手にする。逃げたくなっても苦しくなっても嫌になっても、愛してやまないから、繰り返し同じ場所に立ち帰ってくる。途絶えない情熱こそが才能だよ。君の叔父さんもきっとそうだ。踏みにじられるたび、蘇って音楽を愛した」

壮五「うまくいくでしょうか」

千「うまくはいかない。君の情熱は君を不幸にする。だけど、見たこともない景色も連れてくる。音楽が好きなら、他に理由はいらない。最初は下手だし、笑われるかもしれないけど。『上手に音楽を作れる自分』じゃなくて、本当に音楽が好きなら、楽しくて仕方ないはず」

 

大和とナギの会話。ナギに「何か隠しごとがあるなら言ってみろ。俺も皆に話せて楽になったから」と言う大和。すると突然ナギのスマホに、壱弐参…などの大字が現れる(恐らくバグ)。ナギは「六弥ナギの六はどの字か」大和に訊き、どの字か分かると「ワタシたちは未来でもパーフェクトのままでいられます」と言う。

こうして『Friends Day』テーマソングは無事完成した。

しかしTRIGGERがこの曲を歌うことはなかった。

 

了宅。悠・トウマ・巳波・虎於が集められている。

千葉志津雄が抜けた星影芸能は弱体化し、ツクモに業務提携を申し出た。巳波・虎於は星影所属だが、星影が了にこの2人のプロデュースを一任した。

了「チャリティテレソンの頃に全てを仕上げるとして、まず見せしめを決めよう。みんなが一気に戦意を失うように最初に英雄を堕とす。やるならブーム中の彼らが良い。i7はいつでも叩き潰せる。Re:valeかTRIGGERのどちらがいい?」

多数決を取り、悠・トウマはTRIGGER、巳波はRe:vale票を入れ、TRIGGERを見せしめにすることを決めた。

オタク数字ってエヴァのことかな?w

「六」は大字で七瀬陸と同じ「陸」。

 

9章 TRIGGERへの罠の始まり、ナギの追手。

1.花巻すみれは十をバーに呼び出し、「歌手を辞めたい」と相談する。

楽が紡を狙っていると業界で噂になっている。楽と紡を2人にさせ、罠を仕掛けようとするスタッフもいる。

TRIGGERは少しずつCMやレギュラーの仕事が減っている。

突然、八乙女プロダクションに了が来て「TRIGGERをツクモに売れ」と八乙女を挑発する。

八乙女はRe:valeを呼び、了が口にしていた「運動部」について訊く。了は百が作った芸能界運動部を、現代の千葉サロンのような存在だと思っているらしい。八乙女はツクモとの繋がりを断ち、百の人脈も利用してツクモを出し抜こうと考える。

 

2.花巻は十に「ツクモを辞めたいから、その話し合いに同席してくれ」と頼む。

そこにナギが現れ、自分が交渉すると言ってツクモに向かおうとする。花巻は「十さんじゃないとだめなんです」と焦り出し、その場でマネージャーに電話する。花巻は十に電話を代わり交渉させると、あっさりと「契約解除する」と言われる。
そこに金髪の青年が現れ、「約束通り寮に連れて行ってもらいます」と言ってナギを連れて行く。ナギはこの青年から逃げているようだ。
花巻は八乙女事務所に移籍を申し入れるが、八乙女社長は「業界からもファンからも反感を買う」と激怒。しかし花巻は「八乙女プロダクションに移籍が決まりそうです。協力してくれた十龍之介さんに感謝します」とブログで発表してしまう。

ナギは青年から逃げるため、たまたま花巻・十と同じバーに隠れていた?

 

3.テレビ局。紡・陸と会った楽は、「自分と紡を噂させようとする奴がいるから、これからは連絡を控える」と伝える。紡を心配する陸。
寮。ナギが連れてきたソルヴァルドという青年は「この寮の安全性の低さを証明します」と言って停電させ、窓ガラスを割り、あっという間にナギを拘束する。その後2人はナギの部屋に入り、ノースメイア語で何かをすごい勢いで話している。陸は、ソルヴァルドが以前ナギの言っていたストーカーではないかと考える。ナギの部屋から出てきたソルヴァルドは「この寮に監視カメラを設置してもいいか」と言い出す。

 

4.ソルヴァルドはナギをノースメイアに連れて帰ると言う。

ナギ「ストーカーといえばストーカーですが、先日お話したストーカーとはまた別のストーカー」

ソルヴァルドのポケットから、子供の頃からのナギの写真がたくさん落ちてくる。

一織「随分豪華なお屋敷ですね」

ナギ「ソルヴァルド、ワタシの顔写真を床に落とすなど不敬では?」

ソルヴァルド「ナギさん、あまり猶予は残されていませんよ」

ナギ「あなたたちの無能さのおかげで」

 

ソルヴァルドが帰ったあと、テレビから十と花巻すみれの交際報道が流れてくる。世間では、十が花巻を事務所に無断で移籍させた、ブラホワで勝つために十が色仕掛けをしたなどの噂が一人歩きしている。

TRIGGER楽屋。TRIGGERの3人も混乱している。そこにRe:valeが来る。

百「了さんが龍之介を現代の千葉サロンの幹部だと勘違いしてるんだ」と説明する。花巻にはめられたことを証明できる人がいないか訊かれた十は、ナギを思い出す。巻き込めないと、名前を言おうとしない十だったが、結局力づくでナギの名前を言わされた。

・ナギの追手は複数いる

・ナギはソルヴァルドから見て目上の人間。「不敬」は王室や皇室関係者に対し失礼な行為をすること。

 

5.i7の楽屋に来たTRIGGER。

楽はナギに証言を頼むが、十は「巻き込めない、巻き込むくらいならツクモに乗り込む」と言い張る。大和は花巻から話を聞き出そうと提案。意見がまとまらず、ツクモに乗り込む派の三月・ナギ・楽、花巻から聞き出す派の大和・天に分かれて行動することになる。

 

バーで花巻と虎於が話している。花巻は虎於と結婚するつもりで引退を決めた。

 

了のマンションの前で待ち伏せする三月・ナギ・楽。

帰って来た了に、十と花巻の件に関わっているのか訊くと、「八乙女楽の父親は母親を愛していない」「和泉三月の声はうるさいから嫌われている」と話をはぐらかされて行ってしまう。

 

花巻が虎於と別れた後、大和・天が花巻と話しにバーに来る。花巻は「大和が千葉志津雄の愛人の息子だと知ってる」「十さんに誘われて事務所を辞めたのに責任を取ってくれない」など、まともに取り合おうとしない。

メディアでのTRIGGER叩きはますます酷くなっている。十と花巻の結婚を事務所が妨害したという噂まで流れている。

TRIGGERの人気が下がるタイミングに合わせるように、了は新しいアイドルグループ「ZOOL」を世に放つ準備をしていた。

 

10章 ZOOLデビュー、東京国際音楽芸術、了の罠。

1.街で陸とトウマがばったり会う。

陸「あんな噂話でTRIGGERが評判を落として、嬉しいですか?アイドルとしてステージの上で勝ちたかったんじゃないんですか?」

トウマ「卑怯な手を使ったのはあっちの方だろ。実力では俺たちが上だった。あいつらが勝ったのは、プロモーションと人気作りのおかげだ。人気とかいう、得体のしれない化け物の恩恵を受けて、今はそいつに見放された。それだけの話だろ。俺は2度と真剣に歌わない」

 

駅前。悠と天が会う。

悠「この街にいるのは移り気で、馬鹿で、無責任で軽薄な奴らだ。そいつらに振り回されるお前も。失敗作はお前の方だ。馬鹿な連中のために歌って踊って、そんなことを幸せふぁと思い込んでる。お前の手元には何も残らないのに!」

 

駅にプロジェクションマッピングが映し出され、ステージに悠・トウマ・巳波・虎於の4人——ZOOLが登場し、『Poisonous Gangster』を披露。

悠「スポットライトを浴びた瞬間、オレは誰より優しく、誰より明るく笑える。あいつらを騙して浮かれさせて、首ったけにしてやる。オレたちは最高のドラッグ」

駅前の人々はZOOLのパフォーマンスに夢中になる。これがZOOLの華々しいデビューイベントだった。

ここの駅は年中ハロウィーン

 

2.デビューイベント翌日からZOOLは話題になり、すぐに人気が出た。

九条宅。

九条「(ZOOLは)1年、もって3年かな。了はそれでいいと言っていたけど」

理に電話する九条。「昆布茶のマフィンか」

天は再度、悠について訊く。

九条「君と真逆に創っちゃったんだ。ファンに感謝するなと教えた。ファンの反応に一喜一憂して、不安定になるのは馬鹿らしいことだって。ゼロが消えた理由も、ファンのせいかもしれないから。そうしたら退屈で不愉快でつまらない欠陥品が生まれた。だから、もう見ていたくなくなって手放した」

天「それはひどいことです。あなたは1人の一生を振り回した。ボクが必ずあなたの期待に応えます!これ以上、理や彼のような子を増やす必要はありません。今後はボクだけに投資してください。いいですね!?」

また、天は桜春樹が亡くなったのか尋ねる。

九条「受け取ったのは生前遺言書だった。どこで何をしているのか分からないけど。遺作の曲を僕にくれるらしい。春樹の曲は君にあげるよ。君は僕の創った完璧なアイドルだ。ゼロ以上のスターだよ。君だけが最高のアイドルの条件を満たしている。千もそうだと思ったけど、一度ぶれてしまった。君は僕に出会う前から、その素質を持っていた。処女受胎で生まれた救世主みたいに」

天が九条に出会う前にしていたことといえば、陸のために歌い踊ること。百も「天は完璧な奉仕精神を子供の頃から鍛えていたみたい」と言っている(2部4章4話)。九条の最高のアイドルの条件=誰かへの奉仕?


3.ZOOLのメンバーに良い印象を持っていないi7メンバーだったが、壮五・ナギは『Poisonous Gangster』の曲は好きだと言う。大和は、巳波が去年までノースメイアに留学していたことをナギに教える。

紡が『キミと愛なNight!』視聴率が裏のTRIGGERの番組を抜いたことを知らせに来るが、素直に喜べないメンバー。

 

MEZZO”楽屋。

壮五「叔父さんが家で批難されてた時に、僕は何も出来なかった。勇気がなくて、臆病で。優しくしてもらって、大好きだったのに。だからTRIGGERのために何かしたい。僕が気にしすぎるんだ。そのせいで環くんにも口うるさく言ってしまったし…(環が悪く言われるのは)絶対に嫌だよ。悪いところもあるけど、環くんは一生懸命やってるのに。環くんが何か言われて笑顔を失くすたびに、どこかに行ってしまってそのまま帰らなくなってしまいそうで、はらはらするんだ」

環「あんたがなんで、近くにいる俺より目上の人ばっか優先すんのかわかんなくてむかついてたけど、あんた、みんなに俺を褒めてほしいんじゃんな。叔父さんを褒めてほしかったみたいに」

壮五は初めて、「僕はずっと、僕の好きなものをみんなに褒めてほしかったんだ」と気づく。環「あんたがどんなに立派でも、あんたの好きなもん、笑うやつは笑うよ。遠慮しないで好きなものは好きって、大声で言えばいい。いいとか悪いとか、正しいとか間違ってるじゃなくて、あんたが好きなもん好きでいいんだよ」

 

八乙女事務所。花巻は今度は「八乙女社長とホテルの部屋で話したい。1人で来なければ死ぬ」と連絡してくる。「結…」と呟く八乙女。

八乙女は言われた通り1人でホテルに行き、写真を撮られてしまい、花巻と密会していたと報じられる。

花巻は引退して実家に帰ると十にメールする。結局、花巻は何も分からずツクモに利用されただけだった。

TRIGGERの楽屋にi7が元気づけようと訪ねてくる。

天「ボクらが伝えてきたものは、どこにも消えてなんかいない。過去の自分たちに笑われることのないように。今すべきことはそれだけだ」

天が「ありがとう、元気出たよ」と陸に言うと、陸はなぜか泣きそうになった。

i7、特にナギは桜春樹の曲が好きである。わざわざここで「ZOOLの曲は好き」と言わせるということは、ZOOLの曲に春樹が関わっていることに他ならない。それでなければこのセリフは必要がない。

 

4.i7楽屋。陸「天にぃ、つらいだろうな。天にぃはTRIGGERが大好きだから。大事にしてきたから。いつも通りにしてるけど、人一倍こたえてると思う」

ミスター下岡の音楽番組でi7とTRIGGER共演。

今までTRIGGERに好意的だった下岡でさえ、八乙女社長のスキャンダルを匂わせる話題を楽に振る。下岡もツクモ所属だからだ。その場は三月が話を逸らしたため何事もなかった。

冷ややかな客の視線を浴びながらも、TRIGGERはいつも通り堂々と『Last Dimension』を歌う。

 

Re:vale楽屋。Re:valeの番組プロデューサーがTRIGGERを庇ったために地方に左遷され、別れの挨拶に来る。Re:valeもこの一件でさすがに我慢の限界に来ていた。

 

了宅。了は、来る東京国際音楽芸術祭へのTRIGGERの出演を妨害しようと企てている。

了「芸能事務所社長になる前は、危ない連中と貿易業をやっていた。そのツテでTRIGGERを拉致する」

 

5.了は百のスマホのパスワード「1111」を把握して、百のスマホからTRIGGERの連絡先を抜いていた。その番号で悠から天に、トウマから楽に、虎於から十にそれぞれ電話させ、「TRIGGERへの攻撃を止める方法を教えるから、1人で指定した場所に来い」と伝える。

 

東京国際音楽芸術祭当日。TRIGGERは誰も会場に来ておらず、朝から連絡がつかない。

百「了さんは困ってる時に助けてくれたからいい人だと思ったんだよ。貧乏な頃、美味しい有機野菜くれたり」

それを知ったi7・Re:valeは、アイドル基本ルールに則りながらTRIGGERを探しに行く。

アイドル基本ルール1:殴りかかられるまで殴らない

2:一般人に見られたら「撮影です」

3:顔だけは死守

 

11章 TRIGGERの捜索、十1人のステージ。

1.i7・Re:valeはそれぞれTRIGGERを探しに向かうが、一織は指示役としてゼロアリーナに残る。
Re:valeはツクモ本社に乗り込み交渉に向かう。一織は、了が所有する11か所の不動産のどこかにTRIGGERが軟禁されていると踏み、班ごとに探すよう指示する。公演まであと2時間。

年上11人に指示を出す最年少(17)

 

2.ナギは十が捕まっている建物を見つけ出した。ナギと十は沖縄弁(うちなーぐち)で犯人に分からないよう会話し、犯人を倒すことに成功。ゼロアリーナに向かう。
三月・陸は天のいる建物を見つけ出した。公演まであと1時間を切っている。

 

3.Re:valeが了の手下から楽の居場所を聞き出し、大和・環・壮五は向かう。壮五は、味方のふりの芝居をして犯人たちに楽の居場所を移動させるよう指示し、移動の隙に楽を救出する作戦を考える。御曹司の壮五だからこそ思い付く作戦だった。
一方、三月・陸も天のもとに乗り込む。
ゼロアリーナ舞台袖では、無事到着した十に了・虎於が話しかけてくる。了は十と姉鷺に拉致について問い詰められるが、「何もしていない」ととぼける。
間もなくTRIGGERの出番。八乙女社長もゼロアリーナに向かっている。

 

4.大和・環・壮五はバレそうになったものの、何とか楽を助け出すことができた。
三月・陸にはナギが合流し、天を救出。発作が起きた芝居をして犯人を油断させた陸に、「冗談でもこんなことは2度としないで」と怒る天。
楽・天はそれぞれゼロアリーナに向かう。

 

5.楽と天も助け出されたものの、TRIGGERの出番には間に合わず、十は1人でステージに立つことになる。十はステージ袖で了にこう言う。

十「俺は漁師の息子です。海では、恵も災いも、神様次第だった。突然の高波や嵐が訪れる恐怖と隣り合わせだった。でも芸能界は人の作った世界。たとえ全て失うことになっても、命まで奪われることはない。裸の俺に戻るだけです。何も怖くない。ひどい天災に対抗できるものは、いつだってたったひとつ、人の和だった。TRIGGERは俺の胸の中にいる。ここにいる2人はあなたには奪えない。あなたは、ちっぽけで、無力だ」

1人でステージに立った十を冷ややかに見る観客。しかしTRIGGERのファンや、i7・Re:valeのファンは十を応援している。ここにいないにも関わらず楽と天の名前を呼ぶファンもいる。

十は2人のぶんの気持ちも乗せて、『願いはShine On The Sea』を歌い上げる。最後には会場は大きな拍手に包まれた。

袖に戻った十に「良い歌だった」と声を掛ける八乙女社長。八乙女は、話があると了に切り出す。

 

12章 ナギと桜春樹の過去、野良になった、TRIGGER。

1.八乙女と了の会話。

了「TRIGGERをプロデュースしたいんじゃない。今後の仕事をやりやすくするために、皆を怯えさせる事実が欲しいんだ」

八乙女「あなたは芸能界で何がしたいんだ」

了「もちろん、夢を売る仕事さ。あなたの選択はふたつにひとつ。TRIGGERを僕に渡して他のタレントと事務所を守るか、全部失うか」

 

やっと楽・天がゼロアリーナに着いた。

天はナギに「九条さんが桜春樹から生前遺言書を受け取った」と伝える。ナギはとたんに落ち着かない様子で部屋を歩き回り、「どのようにして遺言書を受け取ったのか、消印、仲介人がいるなら誰なのか、桜春樹の居場所、健康状態を九条に確認するよう、天に頼む。

 

Re:valeはツクモに対抗するため、本当に現代の千葉サロン(ツクモに反発する人たちの組織)を作る作戦を立てる。

小鳥遊事務所。i7は紡から、Re:valeは万理から、TRIGGERを助けるためとは言え危険な行動を取ったことを叱られる。

ナギ「何故、ミスタークジョーに連絡をして、ワタシには連絡がなかったのでしょう。ハルキの歌を歌っていれば、世界のどこかにいるハルキが気付いて、会いに来てくれると思っていました」

ナギは桜春樹との出会いを回想する。

ナギ「ハルキとは父の仕事仲間の紹介で出会いました。何度かノースメイアを訪れている日本の音楽家がいると聞いて興味を抱いた。ハルキは彼の親族が経営するカフェで、ピアノを弾いて暮らしていた。なかなか紹介してもらえず、痺れを切らして、自分の足でハルキのいる市街のカフェまで会いに行った。ワタシが13歳の頃です」

13歳のナギ「どこだ、日本人の、母さまと同じ国のピアニスト…」

ナギと桜春樹の回想の会話。

春樹「君はどこから来た天使?」

ナギ「……。日本の歌が弾ける?」

春樹「いくらでも。花の歌も、愛の歌も、別れの歌も。俺が日本を思って弾けば日本の歌になる。だけどノースメイアを思って弾いたら、ノースメイアの歌だと呼んでほしい」

 

2.ナギ「友人を探しにノースメイアに?」

春樹「ああ。見つからないし、そもそもノースメイアにいるのかもわからない」

ナギ「何故ノースメイアで友人探しを?ご友人はノースメイア生まれ?」

春樹「さあ、わからない。俺は彼の名前も生まれた場所も知らない。それでも良かったと思っていた。彼が突然消えてしまうまでは」

ナギ「消えた?煙のように?」

春樹「ああ。夢から醒めるように。とても困ったし悲しかった。ノースメイアは彼が行きたいと言っていた国なんだ。オーロラと吟遊詩人と天使がいる国」

ナギ「日本人は警戒心が強いイメージでした。正体不明の人物を友人呼んで、世界中を探し回るとは」

春樹「君は探さない?友達がいなくなったら」

ナギ「どうでしょうか」

春樹「彼が消えて、心に決めたことは2つ。俺が失踪する時は必ず友人に置手紙を置いていくこと。正体不明の友人を作ることに、今さら恐怖心を持ったりしないこと。だから、ナギとも友達になれる。どこから来たのとは、聞いてほしくないならもう聞かない」

ナギ「ご友人をなんと呼んでいたのですか?」

春樹「ゼロ」

 

それから春樹はノースメイアに来る度にナギに会った。

ナギ「ワタシが17歳になった頃、春樹の持病が悪化し体調を崩してしまった。ワタシはハルキを家に呼び静養するように言った。1年間彼と共に過ごしたが、ワタシが18歳になった年、冬が来る前に去ってしまった」

 

一織・環は学校帰りに悠と出くわす。そこに九条が通りかかり、3人は九条に言いたいことをそれぞれ言う。

悠「九条天が笑い者になって悔しいだろ。あいつの方が失敗作だって教えてやる」

九条「天の価値は本物だ。くだらない流言は一過性のもの。いざとなればTRIGGERを捨てる。試練があの子の価値を問うだろう」

 

環「理を返せ」

九条「理は夢を目指してレッスンに励んでるよ」

環「夢と仕事を仲間をいっぺんに失って、あんたはかわいそうなんだっててんてんは言ってた。だけど、かわいそうだからってなんでもしていいわけじゃないだろ!」

環「あと桜春樹はどこにいる!?」

九条「春樹の遺言書は日本から国際郵便で届いた。だから日本に来た。手紙を返送したが宛先不明で戻ってきた」

一織「日本にいるんですか?」

九条「知らない。ノースメイアにいるものだと思っていた。古い歌の生まれたノースメイアでオーロラを見ることが、ゼロの願いだったから。笑ってしまうだろう。伝説のアイドルが見上げたかったものは、太陽でも月でも。星でも虹でもなく、儚いオーロラだったんだ」

 

一織「なぜ七瀬さんがアイドルだと悲しいんですか。九条さんは理想のアイドルと呼ぶのに」

九条「天が天使なら、七瀬陸はモンスターだから。i7の軌跡を振り返ればわかるだろう。広告媒体で広い層に受け入れられる子供や動物と同じ」

 

3.寮。一織・環は九条に言われたことを他のメンバーに話す。

壮五「モンスターってわけじゃないけど、ライブの時に凄まじさみたいなものを感じることがあるよ。陸くんを中心に僕らもファンも、みんなひとつにまとまっていくような、あの体験は他にはないから」

テレビ局。万理は百に「俺にも遠慮しないで話して、友達になろう」と言う。そこに了が来て万理から名刺をもらおうとするが、百が渡させないよう阻止する。

了と百の会話。

了「TRIGGER・i7・Re:valeをツクモのものにして、ZOOLを先頭に芸能界史上最大のアイドルチームを作る。そして熱狂する人々を眺めて指を指して笑う」

百「あんた、アイドルに興味なんかない。アイドルが嫌いだろ」

了「好意だけが興味の源とは限らない。それに、嘘つきは君たちの方じゃないか」

 

Re:valeの番組を下ろされ福岡に左遷されたプロデューサーと千が電話している。「フィッシュ&チップスを切らさないで」が合言葉?Re:valeは大きな組織を組み、ツクモと戦おうとしている。

八乙女プロダクション。八乙女が音晴に電話で何か相談している。そこに山村蕎麦から天ぷら蕎麦のサービスが届く。

明日は1年ぶりのミュージックフェスタ。TRIGGERはやっと新曲を3人で歌える機会だ。

八乙女は姉鷺にTRIGGERの契約書を持ってこさせ、TRIGGERを集める。

 

4.TRIGGERを集めた八乙女は「TRIGGERの契約を解除する」と言う。ただし、3人がTRIGGERとして活動すること、既存曲を歌うことを許可した上での解除。八乙女事務所とTRIGGERが互いに負の影響を与え合っているこの連鎖を断ち切り、了に対抗するためだった。

TRIGGERはその夜ゼロアリーナまでドライブし、色々なことを話す。

楽が芸能界に入った理由。楽「父親にレッスンを受けさせられた時に出来なかったのが悔しくて、全部こなしてった。夢だとか、やりたいことだとか、はっきり自覚したのはデビューしてからだ。ステージに立って、ファンの歓声を聞いているうちにこの仕事が好きになっていった」

天「両親がショークラブをやっていたから、子供の頃からの憧れだった。華やかな歌とダンスに毎晩どきどきしていた。病気がちだった陸の前で歌って踊りながら、スターの気分だった。目立ちたいとか、注目を浴びたいとかそういう意味のスターじゃない。誰かを幸せにする存在に変身する、そんな感覚に酔いしれた。その時からボクの気持ちは変わらない。ボクはTRIGGERを終わらせたくない。TRIGGERを望む人がいる限り、ボクらを失って悲しむ人がいる限り歌い続けていたい。歌い続けなきゃ。ボクらを応援してくれたことを後悔させたくない」

十「八乙女プロを出て、ゼロから這い上がって、それでも世間に認められる存在になれたら、八乙女プロの扉を叩いて、1からオーディションを受けよう」

楽「俺たちは最初から一等席を用意されてた。そのおかげでこれだけ成功が続いた。だけど、経験しそびれたものもある。それをこれから、お前らと味わえる。だったら野良も悪くない」

十「ああ。もう一度ここに来よう」

天「自分たちの手で、ゼロアリーナへ」

 

そして、ミュージックフェスタが八乙女事務所のTRIGGERとしての最後のテレビ出演になる。

ミューフェスの日。TRIGGERは廊下でZOOLに会う。十がやっていたビールのCMのオファーが虎於に来た。

トウマ「NO_MADがTRIGGERに負けたのは、お前らが俺たちより上だったわけじゃない。事務所に戦略で、馬鹿な客を騙して人気が出ただけだ」

楽「観客を舐めるんじゃねえよ。俺たちが包装紙だけ金ピカで、スカスカの中身だったらすぐに気づかれる。1度手に取って終わりだ。観客はもっと鋭く、奥まで深く見てる。負けた理由を敵に探すな。自分の中に探せ。俺たちは包装紙に傷が入っただけで、中身は変わらず一級品だ」

悠「ほら見ろ九条天!オレの言った通りになったろ!ファンのために時間を犠牲にしたのに、人はあっさりお前を見捨てた。七瀬陸のために家を出たのに、病気をと背中合わせでステージに立ってる。家族と離れたお前の孤独も、お前の献身も努力も、全部全部無意味だ」

天「ボクは自分の意志で、自分のプライドで、自分のしたいことをしてきた。後悔なんてない。ファンからも陸からも、何か欲しいなんて思ったことはない。誰かを幸せにする歓びを、自分を時間と命を無心で捧げる情熱を、キミは知らないんだね。ボクの歌や姿が誰かの目に映って、その人の胸を震わせて笑顔にする瞬間が欲しい。奉仕や献身じゃない。ボクの望みだ。歓びを教えられなかったキミを気の毒に思ったこともあった。だけどプロを名乗った以上、そんな生ぬるい覚悟でステージを踏まないで」

「完璧な奉仕精神」を持っているとされていた天が、これを「奉仕や献身じゃなくボクの望みでやっていることだ」とはっきり否定した。

 

5.ミューフェス本番前。TRIGGERは照れながらもハイタッチする。

天「気分がいいよ。初めて一緒に踊った夜みたいに」

楽「あの夜、俺たちはTRIGGERに恋をした。その熱はまだ醒めないままだ」

 

TRIGGERの出番、観客も袖で見ているi7も、TRIGGERの『願いはShine On The Sea』に魅了されている。

九条「TRIGGERでブラホワ総合優勝するまではと思っていたが、潮時だな。二流の2人は捨てて、君は生まれ変わる。ゼロを超えるアイドルになって、桜春樹の最後の曲を歌うんだ。大丈夫だよね…君だけは僕を裏切らないよね」

出番が終わったZOOLの楽屋。天に言い負かされいじけて泣いている悠と、女を引っ掛けた虎於はエンディングを待たずに帰ってしまう。トウマは引き留めようとするが聞こうとしない2人。

巳波「了さんが言っていました。私たちがもたらすものは愚かなファッド。熱狂は長くても3年」と言うように、メンバー同士が仲を深めようとする様子はない。『キミと愛なNight!』にゲスト出演する予定のZOOL。

巳波「ようやく間抜けなあの方に会える。自分のしたことも忘れて、よくも友人などと呼べたものですよ。ねえ、桜さん」

歌い終わったTRIGGERはファンに事務所から独立することを発表する。それを見て悔しがる了。「アイドルは期待を裏切るものだ。僕も裏切られた。しかも2人に。ひどいよねえ。胸を躍らせていたのに」

姉鷺も八乙女事務所を辞め、TRIGGERのマネジメントをするつもりである。

紡「不安が胸を揺らすたびに、ステージ上の3人の姿が力強く蘇る。日没を迎えても、長い夜を超えて再び朝を連れてくる太陽みたいに」

TRIGGERの出会いのエピソードは、スピンオフ『アイドリッシュセブン TRIGGER-before The Radiant Glory-』で読むことができる。こちらはYouTubeでアニメも公開中。

・巳波は、ナギが桜春樹に何か悪いことをしたと認識しているが、ナギはそれを忘れている。

・了は過去にアイドル2人に裏切られた。

  

13章 ZOOLのゲスト出演、壮五のやりたいこと。

1.独立直後はメディアでTRIGGERの話題が取り沙汰されたが、ある日からぴたっとTRIGGERの姿を見ることはなくなった。ツクモの圧力のせいだろう。i7・Re:valeはTRIGGERを元気づけようと、パーティーをしたいと考えている。

TRIGGERの穴を埋めるように、i7とRe:valeにはTRIGGERがやるはずだったであろう仕事のオファーが次々入ってきて、ますます忙しくなっていた。i7はこれから1周年ツアーも始まる。陸はCM5本に出演し、タレント好感度ランキング5位にランクイン。陸には連ドラ主演のオファーも来ているが、陸自身はまずは脇役から勉強したいと言って乗り気ではない。

世間ではZOOLの人気が急上昇。ナメているような発言や態度が、優等生なアイドルに飽きたファンにウケたからだ。

巳波「素人の方がお芝居をするので、素人にも歌えるんじゃないかと思って」

 

2『キミと愛なNight!』にZOOL出演。i7に楽屋に挨拶に来たZOOL。ここでナギと巳波は初めて会う。

巳波「ノースメイアでは音楽を学び、ZOOLの曲は私が作りました」

収録ではタブーな発言をぶっ込みまくるZOOL。巳波は大和の父親について、虎於は壮五の家について触れ、悠は陸が天の双子の弟だと暴露しスタッフがざわつく一幕も。スタッフもツクモ所属のZOOLにはあまり注文できない。

ZOOLの苦手なもの。

虎於「オタクが嫌い。理解できない。紙に書かれたものに夢中になるなんて、上流階級の社会では趣味とは呼べないな」

トウマ「甘いもの苦手。プリンとか」

悠「蕎麦」

巳波「兎が苦手。子供の頃に噛まれたことがある」

トークの収拾がつかなくなり、一旦休憩に。陸はトウマから「お前、秘密ばっかだな」と言われる。ナギは巳波から「『Sakura Message』を歌うあなたはとても素敵ですよ。最上級の皮肉です」と言われる。

巳波は「ノースメイアにいた頃から彼と一緒に手掛けていた曲がもうすぐ完成する」と言っていた(5章5話)。この曲は『Poisonous Gangster』ことだと思われる。この曲に桜春樹が関わっているとすれば、桜春樹と巳波が一緒に作ったということになる。

 

3.ZOOLの歌収録。i7はZOOLに圧倒されじっと見ていたが、「睨んでくるのが気分が悪い」と悠が言い、収録を止める。謝った方がいいか、誰が謝りに行くか意見が割れるi7。しかし壮五が「僕はこういうのに慣れているから」と1人で謝りに行く。虎於に会ってからの壮五に、環は違和感を覚える。

小鳥遊事務所。MEZZO”出演CMのタイアップ曲『Dear Butterfly』を音晴に聞かせてもらったMEZZO”は、桜春樹の曲を聞かせて元気づけようとナギの部屋に行く。

ナギ「ノースメイアにいた頃、ハルキの演奏でこの曲を聴きました。ハルキは、好きなものをイメージした曲だと言っていました。好きなものに触れている時、ワタシたちは幸福を覚え、幸福な時間に佇む自分が好きになります。ささやかで大切な幸せに包まれていく歌です。幸せはシンプルなものです。好きなものにイエスを求め、ノーと言われれば傷つく。愛するものを否定されれば、傷ついた相手は名誉を守るために戦います。これは、武器を握らないために、みんなの好きを大切にする歌です」

壮五「僕の家は否定の繰り返しだった。父は叔父を否定して、叔父が好きだった音楽を憎んで…僕は叔父を否定した家族を好きになることができなかった。家族を否定し続けていた」

ナギ「好きなものを否定されても戦わないためには、友人になることです。愛する友人の言葉なら、否定も肯定も、理解しようと努力します。MEZZO”がいい見本です。ワタシたちは生まれた国や性別、言語、愛するもの、憎むものが違っていても、友人になることで解決していける、社会性の高い幸福な生き物です」

壮五は自由な環を、環は注意ばかりする壮五をはじめは理解できなかったが、仲良くなってから、それは愛のあることだったのだと気づいていった。

ナギを元気づけるはずが、逆にナギに励まされたMEZZO”だった。

ナギくん、戦争の話してる。急に世界規模になってびっくりした。

 

4.一織は、陸の人気が上がり続けている理由がわからず焦る。「いつだって七瀬さんの歌いたい意志が私たちを牽引していった。私の知らない力があなたを引き上げていっているんですか?私がスーパースターにすると約束したじゃないですか、七瀬さん。勝手に、ひとりでどこかに行かないで」

陸も、やっていることは今までと変わらないのに、周りの環境が変わっていることを感じていた。

環の部屋。壮五が来て、ある話を切り出す。壮五はものすごく恐縮しながら「いつかMEZZO”の曲を作ってみたい」と相談する。壮五は、すぐに「いいよ」と言った環に驚く。「自分のやりたいことを許してもらえるのが嬉しい」と言う壮五。

 

5.他のメンバーにも作曲したいと考えていることを話す壮五。初めて自分からやりたいことを言った壮五を、メンバーも皆受け入れてくれる。

一織「1周年ツアー前に良いお話が聞けてよかったです。明日から頑張っていきましょう」

 

i71周年ツアー初日。名前の書いていない花が届いており、恐らくTRIGGERからである。

大和の掛け声。「お前たちに出会ってからの1年、今まで生きてきた22年より笑って、泣いて、怒った。何度もだめになりそうになったけど、俺たちは終わらないでここまでやってきた。頑張れとか、上に行こうとかそういうのはやっぱ柄じゃない。だからこう言うよ。お疲れさん!俺らもファンの子たちも1年よくやった!ミューフェスの時泣いたイチが、ぶっ倒れたソウが、スタジオで暴れたタマが、見たかった景色がこの先にある。センターを降りたリクが、トイレで泣いてたミツが、記者会見で俺らを守ったナギが、連れてきてくれた最高のパーティーがある」

ライブ中、天のことを考える陸。「昔はテレビの中の天にぃを見ているだけだった。不思議だよね。今はオレがステージの上に立って天にぃの歌う場所を探してる。だけど、どこにいたって天にぃは永遠にオレのスターだ。オレを呼ぶみんなの声がオレに力をくれる。仲間の歌声がオレの背中を支えてくれる。今ならなんだって出来る気がする。流れ星を降らせて、七色の虹を超えて、ライトの海を泳いで、空だって飛べるよ。願いを叶えてみせる」

九条宅。天は「TRIGGERを抜けて1人で活動しよう」と九条から提案される。

 

14章 雨に唄うTRIGGER、陸の訴求力。

1.九条「これからは僕が直接君のマネージメントをしていくよ。ゼロのようにね」

天「TRIGGERを抜けるつもりはありません」

九条「あんな二流と組む必要はない」

天「ボクは二流だとは思いません」

九条「君は僕とやると約束したじゃないか!約束を破るのか?ゼロのように僕を置いていく気だな!?そうやってどこかへ行ってしまうんだ!僕から逃げないように養子にまでしたのに、あんまりだ」

天「誤解です、こう考えてください。ボクがTRIGGERを抜けないことは、ゼロのように無責任に消えないという証明です。TRIGGERを捨てるボクは、いつかあなたを捨てるかもしれない。そうじゃないことを証明したいんです。いなくなったりしません。あなたの夢を必ず叶えます」

九条「天はそういう子だったな。だから君を選んだのに忘れていた」

天「ゼロがいる時の九条さんに会ってみたかったです。向こうでレッスンしている時に聞いたことがある。純朴で素朴で、たまに抜けたところもあるけれど、夢に溢れた青年だったって」

九条「約束してくれないか?弟やTRIGGERのメンバーや僕が死にかけている時でも、ステージに立っていてくれ。どんな事情があっても絶対にステージを捨てないでくれ」

 

今まで住んでいた高層マンションの部屋を引き払った楽。楽・天と3人で十の部屋に住むことになったため、十は掃除をする。

ツクモと対抗するために動き出したRe:vale。百は三月と揉めているフリをし、それを了に目撃させ、i7とRe:valeの仲が悪いように見せる。Re:valeの番組プロデューサーが誰かに電話で「フィッシュアンドチップスを切らさないで」と言っている。

千は『Friends Day』にZOOLの出演を控えたあけぼのテレビの局長を呼び出し、「ツクモに飲み込まれるな」と言う。

局長「失敗すればTRIGGERのようにRe:valeの芸能生命も終わるぞ」

千「終わってもいいよ。Re:valeは何度だって、最初から始められるんだ」

この千さんのセリフ、ものすごく死亡フラグ立ってませんか?わたしはここですっごい怖くなった。だって「終わってもいいよ」って。Re:valeが一度終わるフラグが立ちまくってる。

 

2.喫茶店で、TRIGGER・姉鷺が再始動のための打ち合わせをしている。姉鷺はMOP(Music Of People)ランクインをTRIGGERの目標に掲げる。MOPの歴史は浅いが、ネットユーザーの参加率が高く、ツクモの圧力の手が届かない。昨年はRe:valeが1位。今年の候補はRe:vale・ZOOL・花巻アゲハ・i7など。

TRIGGERはまずは小規模なライブハウスでコツコツとライブをしていく。

天「姉鷺さん、理想のアイドルってなんだと思いますか?」

姉鷺「決まってるじゃない。終わらないアイドルよ。アイドルは夢なの。夢の終わりなんて誰も見たくない。伝説なんて賞賛よりも、ある日突然姿を消したりしないアイドルの方がいい。日本一のトップスターじゃなくたって、顔に傷があったって、声が出なくたって、終わらせないでくれたらそれでいいのよ。だけどその夢を叶えるのが一番難しい。ゼロは消えて、NO_MADは解散した。百が好きだったRe:valeももういない。それでも精一杯、今をやるしかない。あなたたちがファンに見せた夢を、TRIGGERの名に責任を持って続けていくわよ」

そこで、喫茶店にいたファンに声を掛けられるTRIGGER。天「終わらせ方なんて考えていません。ずっとこれからのことだけ考えています」

 

Re:valeとしてインディーズ時代にライブハウスをよく使っていた万理に色々訊くことに。万理と一緒にライブハウスに見学に来たTRIGGERは、ファンとの距離やライブ開催費用など、万理から色々教わる。

「顔に傷があったって、声が出なくたって」は明らかに万理と百のことを指している。姉鷺はRe:valeのファンもしくは元ファン?

 

3.万理が「i7は路上でもライブしていた」と言ったことから、姉鷺はTRIGGERも路上ライブをすることを思い付く。一刻も早くTRIGGERが活動していることをファンに伝えるためだ。

了宅。了はパソコンから百のラビチャにログインし、監視している。

TRIGGER路上ライブの決行日。

姉鷺「覚えておきなさい。あなたたちはもう、高級ブランドのTRIGGERじゃない。軽率さ嘘を重ね、人々に愛想を尽かされ、事務所を捨てて路上で歌う、笑いものよ」

天「大丈夫です。誰が笑っても、ボクは楽と龍を笑いません」

3人が待機していると雨が降り出す。

十「雨は天からの恵みだ。いつか大きな花を咲かせるために、俺たちに力を与えてくれる」

天「昔ボクのライバルに言われたことがある。仲間といて、武器がある限り歌い続けていくって(陸の言葉)。雨に歌って、闇に笑って、地獄で踊る。ボクらの仕事は何も変わらない。世界が終わる日まで」

楽「あいつ(紡)に見られたくないと思ったんだ。俺たちを虹だって言ってくれたから。虹が落ちたところを見せたくなかった。だけど、びしょ濡れで歌ってたとしても、俺たちは虹と同じだって言ってくれるように。i7がもう一度挑みたいって言ってくれるように。Re:valeを超えて日本一になるって言葉が嘘にならないように。最高の俺たちを、今見せよう」

・陸のセリフは、ブラホワ対決前に天にライバル宣言した時のもの(1部18章3話)。

・九条は「弟やTRIGGERのメンバーや僕が死にかけている時でも、ステージに立っていてくれ」と天に言った(14章1話)。また、天は「隕石が落ちて世界が絶望している時にも笑って歌うのがボクらの仕事。それを九条さんが教えてくれた」と言っている(2部5章2話)。世界が終わるまでどんな場所でも踊る、この天のアイドル精神は九条が教えたもの。

 

4.ムービー。『RESTART POiNTER』のMVが流れる街頭ビジョンの前に組まれたステージにTRIGGERが登場する。たまたま移動中で車で通った陸・紡もそのステージを見ていた。

TRIGGERは『In the meantime』を歌う。TRIGGERの姿はSNSであっという間に拡散され、TRIGGERのファンたちは皆、泣きながら喜ぶ。

寮。三月「見ろよナギ!みんな歌ってる。歌える限り、歌い続けてんだ。桜春樹もきっとそうしてる。お前も、春樹が来るまで歌い続けりゃいいんだよ!神様はオレたちを見てるはずだから!願い事は必ず叶うから!」

大和「お前は神様に愛されてる。自分で言ってたじゃないか。ハッピーエンドを用意してくれてるよ。もし準備の悪い神様だったとしても、俺たちが用意してやる。だってお前はいつも、俺たちに幸せを教えてくれたんだから」

 

TRIGGERのステージを見る陸のモノローグ。「ずっと考えてた。ファンの子たちもきっと同じことを考えてたと思う。TRIGGERの九条天は今、何を思うんだろう?って。だけど、悔しさとか悲しさとか、不甲斐なさとかを天にぃの名前にくっつけるのはためらわれた。オレは、ここで歌うことにした天にぃの覚悟を知らないから」

天はステージ上で嗚咽を漏らし、泣き出してしまう。

陸「オレがファンの声を聞いて傷ついたみたいに、天にぃも傷ついてしまったのかな?誰かに言われた。ファンの感想を探して傷つくなんて馬鹿だよって。だけどファンのために歌うのに、ファンの声を気にしないなら、オレはどこに答えを探せばいいんだろう?泣いてる天にぃがファンに笑いかける。この人はオレを一度も嫌わなかったように、誰も憎まないんだろうな。ファンのことが本当に好きなんだろうな」

天「何かを欲しいと思って歌ったことは、1度もありませんでした。報われたいと思ったことも…だけど今夜。本当にたくさんのものをもらった気がします。皆さんの気持ちが嬉しかった。ありがとう…うた、歌ってて良かった…」

陸「天にぃはファンの子を傷つけてしまったことを、ずっと申し訳なく思っていたんだろう。どんな風に責められることも覚悟していたんだろう。なのに返ってきたのは、あたたかく力強い言葉だった。だから、みんなの優しさが嬉しくて、天にぃは泣いてるんだ。みんなに愛されて幸せなんだ」

陸も紡も、自然とTRIGGERに声援を送っていた。

楽「もう一度、お前らをゼロアリーナに連れて行くからな!」

やがて人が集まり出し、混乱を避けるためにTRIGGERはライブを終了する。

あーーーーーー泣き出しちゃう天くんかわいいねーーーーーー

 

5.i71周年ツアー。陸はステージ上で色んな思いが胸に押し寄せ、感情がまとまらないままに泣き出してしまった。

陸「1周年のオレたちとか、天にぃの誠意とか、泣き笑いの顔とか、ファンの子の笑顔とか、全部胸に押し寄せてきて。ステージと客席を繋ぐ絆の、儚さと強さが、いとおしくて」

それにつられて会場にいた2万人が一斉に涙を流し、それから陸の名前を呼び始めた。

一織「ようやく謎が解けた。七瀬さんが人を惹きつけ、九条に陸をモンスターと呼ばれた理由——訴求力だ」

 

一織「私たちは何も仕掛けていないのに七瀬さんの人気は上がっている。センターなのに1番人気ではなかったのが、1番になった。理由はセンター以外にあります。きっかけは冠番組で始まった楽器演奏コーナー。七瀬さんとみんなは何が違うのか?」

「それは訴求力です。子供や動物は共感を生みやすく、ポスターなどで見たことがあるでしょう。ですがこれらが真の訴求力を発揮するのは、愛らしさよりも痛ましさです。悲しい瞳をした子供や、ぐったりした動物の写真に心を痛めたことはあるはずだ。何かしなければと、使命感を覚えさせる。七瀬さんも同じです。普通のライブの時は爪を隠している。ですが何かを必死で訴えよう、やり遂げようとした時に、見る者の感情を一気に引きずり込み、屈服させ、彼の意思に共感させる。サウンドシップやセンター交代、ブラホワの時…私たちはその例を目にしてきました。人々が抱え続けていた感情を、七瀬さんは一瞬で覆してきたんですよ!」

「九条さんは、完璧なパフォーマンスと、深い愛情を、ファンに惜しみなく与えていく。七瀬さんの真価は与えることじゃない。訴えて、求めて、心を支配して、人々の感情を自分の心の傍に引き寄せる。ファンは切実な衝動に駆られる。七瀬陸の願いを叶えなければ。彼の幸せのために何かしなければ。人の心を鷲掴みにし、引きずり込み、掻き集めるブラックホール。それが七瀬陸です」

「今までは狭い箱の中で起こっていた。番組のコーナーでの訴求力も、ステージで感じるほどじゃない。もしも日本中に放映されるテレビの中であの人何かを切実に訴えかけたら、私たちにはもう、コントロールできなくなるかもしれない。それでも、私はあの人と約束したんです」

 

九条宅。九条「七瀬陸が人の心を食い荒らした先には、悲劇しか待っていない。だってそれは、魔王を呼び出す呪文だもの。エロイムエッサイム、我は求め訴えたり。お前の願いを叶えるために、1番最初に現れた魔王は誰?」

九条は「天よりも陸の方がゼロに似ている」と発言している(2章3話)。九条は、ゼロが人の心を食い荒らした末、悲劇を呼んだと思っており、ゼロに似ている陸もそうなると考えている。

 

15章 TRIGGER3人暮らし、陸が知った真実。

1.TRIGGERは3人で十の家で暮らし始めた。

 

一織は陸の何がそこまで人の心を動かすのかさらに確かめるため、陸を部屋に呼ぶ。陸に色々な表情をしてみるよう指示し、陸の悲しい顔が心に迫るのだと気づく。

「私がこの爆弾男をコントロールしなければ。これはこれでi7の武器になる。でも何かの弾みで狂っていくかもしれない。誰かのために何かするというのは基本的に多幸感があるものだ。七瀬さんに共感した人たちが同じ多幸感を七瀬さんに求め始めたら…ストレスに弱いこの人には扱いきれない」

そう考えた一織は、陸にこの表情をさせないよう、「七瀬さんはずっと幸せでいてください。私が幸せな環境をキープします」と言う

 

2.ライブハウスでのTRIGGERライブ。会場には入れないファンが外まで殺到し、TRIGGERはライブハウス側から今後の使用を断られてしまう。

陸の好きな食べ物はオムライス。

陸にラジオ番組のオファーが来て、ナギと2人で出演。MEZZO”の落ち着いたラジオとは反対に破天荒で賑やかな雰囲気が好評だった。

 

寮。メンバー皆で旅行に行きたいと話すi7。そこからナギはノースメイアについて話し始める。

「真冬のノースメイアは寒さが厳しく、夜が長く太陽は数時間しか昇りません。ノースメイアの先祖はヴァイキングで、夏は近隣から食料や財宝を奪っていましたが、冬の間は安全な場所に閉じこもり、吟遊詩人たちが歌う物語を聞いていました。その昔、ノースメイアys近隣諸国では、物語は歌でした。古ノルド語で書かれた王の写本や、歌謡エッダと呼ばれるものが代表的。読書家のリクはヴォルスパー…巫女の予言…世界創造から神々の黄昏までが語られた神話詩は知っているかも」

陸「ああ、ラグナロクか!北欧神話だもんな!」

歌に物語が宿るのは今も昔も変わらない。

三月「オレたちのファンもそうなのかな。オレたちの歌に、聴いた人の数だけ物語があって、オレたちの歌を聴くたびに、昨日のことみたいに思い出が蘇る。そんな風に繋がっていられたらいいな」

それぞれ曲にまつわる思い出を話すメンバー。一織はミューフェスの後、しばらく『miss you…』を聞けなかった。大和は『Mission』の映画主題歌だったRe:valeの『NO DOUBT』を聞くと、悩んでいた時のことを思い出す。

陸「『MONSTER GENERATiON』でセンターにしてもらえてすっごく嬉しくて。自分を認めてもらえた気がしたけど、色々あって自信を失ったりして…でも『RESTART POiNTER』を歌った時は自分が少し大きくなれた気がした。自分を許せるような気がした。メンバーやファンの子が大好きだって迷わずに思った気持ち、歌うたび、聴くたびに思い出すよ。天にぃが言ってた、世界が滅びる時にも歌っているのがオレたちの仕事だって。今ならわかるよ。オレたちの歌に誰かの楽しい思い出や、誰かが幸せな物語が繋がってるなら、オレたちが歌うたび、楽しい気持ちや幸せな気持ちをリフレインさせることができる。真っ暗な夜空に、流れ星を降らせるみたいに。オレたちは、星にも、虹にもなれる」

 

3.テレビ局。了・トウマと陸・紡が会う。

陸は了に「悠から聞いてるよ。君の治療費のために、あの子は九条鷹匡に買われたんだって?なのに君は随分と楽しそうに踊るね」と言われる。突然言われたことにショックを受ける陸。

陸「家族はいつも、大事なことはオレ抜きで話す」

了「君も?」

陸は今まで何も知らず、天に文句を言っていたことを後悔する。「オレを傷つけないように、家族はみんな隠してくれてたんだ。知らないふりを続けることが、何も気づけなかったオレの罰だ…絶対に天にぃを助ける覚悟ができた。オレの足元には、家族と過ごせなかった天にぃがいる。その上でオレはステップを踏んでたんだ。命がけで踊り続ける。TRIGGERと、TRIGGERを好きになった人たちの物語を終わらせたりしない」

天と引き替えに、陸の治療費を九条が負担していた。

これは2部9章2話で天からも語られる。

 

九条はお金を負担し、アイドルの卵を引き取るのが常套手段。

・理は養父の会社が倒産し、九条が借金を肩代わりした。

・旧Re:valeには、万理の顔の傷の手術代を払うと持ち掛けた。 

 

4.百・千・万理がバーで飲んでいる。万理はなかなか距離を縮めてくれない百に「百くんは、Re:valeじゃなくなった俺に申し訳なさを感じてしまうんだろ?だから俺と百くんで、プライベートで5年間何か一緒にやろう」と提案する。万理は「今は小鳥遊プロダクションの事務員として幸せなんだ」と再度、百に言う。
十宅に遊びに来た大和・三月・環・壮五。TRIGGER3人での生活は思った以上に賑やかだと言う十。天は換気扇の強さを「よわ、つよ」と言う。陸も「よわ、つよ」と言う。楽は追い焚きのことを「風呂燃す」と言う。

 

5.大和は千葉からお金を預かって来ており、「会場を借りるか何かの足しにしてくれ」とTRIGGERに渡す。しかしTRIGGERはもらえない、と断る。TRIGGERがライブをするには、宣伝費抜きで最低でも7000万円必要になる。壮五は「これを僕に預けてくれれば、これを元手に資金運用して大きなホールを借りられるくらいには増やせるかもしれない」と言う。壮五は小学生の頃から資金運用の練習をさせられていた。

十「それよりも、年内に唯一空きがある京都のFSCホールを借りられないか口添えしてくれないか?でも本当に言いたいことは別なんだ。君は、俺にはわからないと言ったけど、やっぱり家族は分かり合えると思う。勘当されてこのままでいいの?本当は壮五くんだって、ちゃんと家族と話し合いたいんじゃないのか?」

すると環がそれに対し怒り出してしまう。「そーちゃんちは、そーちゃんのひどいことしたんだぞ!なんで話し合わなきゃいけねえんだよ!子供のためにならない親なんていくらでもいるよ。リュウ兄貴も他の奴らも、そういうこと知らないから、家族仲良しが一番みたいに言うんだよ」

壮五「僕は今まで、両親と向き合ってこなかったから…否定され続けて、話しても分かってもらえないと思って、分かり合う努力をしなかったかもしれない」

環「なんで努力しなきゃならないんだよ。俺たちじゃなくて向こうがするべきだろ!?」

天が環を外に連れ出す。

環「そーちゃんだけ家族と仲良くしたらずるいとか思ってねえからな。やっと見つけた理だって、俺じゃなくて九条のとこ行ったんだ。話せば分かるなんて、ねーよ!あんたも、理も、桜春樹もおふくろも、なんでいなくなるんだよ。どうしてじっとしてらんねえの?どんだけ寂しかったと思ってんだよ…」

天「ボクがちゃんと終わりにする。キミに理を返す。あの人の夢は終わらせなきゃいけない。次の夏までにボクがゼロになって、九条さんの夢を終わらせる」

 

了宅。

テレビから「秋を感じさせるラブソング特集」が流れる。

了は、陸が番組で吹いているのを見てトロンボーンを始めた。

 

16章 Re:vale 対 ZOOL、壮五と、父親。

1.壮五は環の部屋に行き、「家に帰って両親と話し合いたい」と環に話す。壮五はそのメリットとデメリットを書いた資料を環に見せる。

・メリットは「妨害を受けることがなくなること・心的負担が軽減すること・FSCホールでTRIGGERのライブができるかもしれないこと」。

・デメリットは「壮五が顔を見せた時点で両親を怒らせるかもしれないこと・環が嫌な思いをするかもしれないこと」。

壮五「君が怒っていた理由はわからない。君は僕に、好きなことをしたらいいと言ってくれただろう?作曲したいと言った時も認めてくれた。だけど実家に帰ると言ったら猛反対した。そこが矛盾していると思った。その理由を知って、リスクを取り除きたい」

「あんたが倒れて、あんたが家を出てきたって聞いて、あんたのこと分かった気がしたじゃん。俺もずっと、寂しかったから…だからやってこれたのに、金持ちに戻ったら、俺のこと知らないすりするじゃん。やっと会えた理に逃げられて、なんであんたまで似たようなこと始めんだよ」

壮五「君は全然資料を読んでくれてない!この問題について、君が一番大事だ!TRIGGERに協力したいし、両親との和解もしたい。だけど君を傷つけるならしない」

泣き出してしまう環。「そーちゃんが寂しくさせるようなこと言うからじゃんか…」

壮五「僕はだめな人間だな…環くんはあんなに優しい言葉で、僕を喜ばせてくれたのに。病気を治すみたいに救ってくれたのに。君を喜ばせる言葉が言えない」

環「次からは王様プリン持ってきて。俺はそれで元気になんの」

環は「家に帰ってもいいけど、一緒について行きたい」と頼む。

 

ZOOLがRe:valeの番組にゲスト出演する。Re:valeがZOOLの勢いに飲まれないよう、八乙女に相談する岡崎。ZOOLとツクモの流れを止めるためには、この番組でRe:valeのペースに持ち込むこと、ブラホワで挑戦者として勝ち上がってくるであろうZOOLに、前年の勝者のi7が勝つことが必須である。

『NEXT Re:vale』にZOOLがゲスト出演する当日。悠は一織・三月の実家のケーキを食べたいと思っている。現在、抱かれたい男ランキングは1位が虎於、2位が巳波である。

 

2.『NEXT Re:vale』本番。今回は生放送。
百が話を振ってもZOOLは無視し、ほとんど放送事故のような状態。Re:valeは夫婦漫才ネタで乗り切る。CM中に百が「君たちのファンが楽しみに見てるんだよ」と注意し、CM明けからZOOLは喋るようになる。
虎於は「俺の前に抱かれたい男1位2位だったのはたいしたことなかった」と、楽・十を馬鹿にする発言。すると千が「僕はどうだ?大した男じゃないか?」と虎於に迫り、Re:valeのペースに持ち込む。

 

3.虎於はさらに、先端恐怖症の千にボールペンの先を向ける。百はそれを虎於の太ももに刺すフリをし、怯むZOOLメンバー。それ以降は番組は普通に続き、Re:valeの勝利の形に終わる。あとはi7がブラホワでZOOLに勝てれば、ツクモの権力は弱まる、と考えるi7。
百は何かあった時のためにZOOLに連絡先を渡す。しかしトウマだけがそれを受け取り、他のメンバーは興味がない。

 

秋葉原。TRIGGERが家電を買いに来ている。

ナギとソルヴァルドもここなの限定グッズを買いに来たが、売り切れてしまっていた。

ナギ「ワタシの役目は果たしたはずです。母の血を敬遠したのはそちらでしょう。お前たちのせいで、吐かなくていい嘘をつくことになった。友人に嘘は吐かないと決めていたのに。全てはただのサプライズで終わっていたはずなのに」

ナギの母親は日本人である(1部9章3話・3部12章1話)。

 

4.大和・三月・陸も秋葉原に来ており、ナギが買えなかったここなグッズを買うことができた。3人はそれをプレゼントし、桜春樹の生死が分からず落ち込んでいるナギを元気づけようと考えていた。

大和によると「ノースメイアは今、政治問題で若い奴らがざわついている。貴重な資源がたくさんあるのに、人口が少ないから財政が豊かなんだって。高度な社会制度改革を起こした中心人物が10代の貴族か何かの人」。

 

同じく秋葉原執事喫茶で、最近元気のない紡を元気づけようと、万理・姉鷺・岡崎と紡の4人が集まっている。

 

同じ店では、トウマがZOOLの親睦を深めようとメンバーを連れてきたが、大した用件はないと分かった途端、虎於・巳波は帰ってしまう。トウマは了やメンバーが「どうせ数年で終わるグループなんだから」と言う今のZOOLの在り方に疑問を感じていた。

トウマ「ハルはなんでアイドルになった?」

悠「むかつく奴にぎゃふんと言わせるため。目的は半分叶った。あと半分は、ゼロを超える人気スターになって、ゼロも、九条も、九条天もあざ笑う」

トウマ「その後は?」

悠「その後?オレのファンも笑ってやる。お前らなんか全然好きじゃないって」

トウマ「その後は?」

悠「その後は…考えてないよ。そこまでやったら十分だろ」

トウマ「お前の人生はそこで終わりじゃないんだぞ。まだ続いてくんだぞ。その先にお前は何をしたい?」

 

一織は環・壮五を連れ、お守りになるものを陸にプレゼントしようとショッピングモールに来ている。一織はi7のメンバーカラーと同じ7色の音符が付いたキーホルダーを選ぶ。

寮。大和・三月・陸は、ナギにここなの限定抱き枕をプレゼントする。一織は陸にキーホルダーをプレゼントする。壮五は翌日、実家に行くことになっている。

 

5.逢坂家に来た壮五・環。壮五はどこか浮足立ち、「i7メンバーに作曲を認めてもらえたように、この話し合いも上手くいくはずだ」と思っている。環はそんな壮五を冷静に見て、「壮五を抑圧し続けてきた家族相手に、そんなに上手くはいかない」と考えている。

家に入れてもらい、父親である逢坂壮志に会うことができた壮五。

壮志は芸能人のことを「流れ者を相手にする水商売。恥知らずのする仕事だ」と罵る。壮五が「FSCホールとTRIGGERの公演費用7000万円を貸してほしい」と頼むと、壮志は「貸す代わりに、逢坂の外聞を守るために、芸能活動を辞めて一生海外の別荘に住め」と壮五に言う。

環「そーちゃんが作曲したいって俺に言いに来た時、悪いことするみたいな顔してた。やりたいこと言うだけで、自分の子供にそんな顔させるようにしたのはあんただよ。いい服着てごまかしてたってあんたは最低だよ」

環は壮五を連れ帰ろうとする。

しかし壮五は食い下がる。「叔父さんも僕も、音楽をやっていて幸せなんです。家名に誓って恥じることはしません。僕のせいで父さんが笑われているならすみません!だけどいつか、笑われないような存在になって見せます!だからどうか認めてください…僕を、叔父さんを。叔父さんが愛したものを!」

しかし壮志は聞こうとせず、使用人に2人をつまみ出させる。その時、抵抗した壮五の腕が使用人に当たってしまう。壮志は「その少年(環)が暴力を振るったと言って警察に突き出す。彼を前科者にしたくなければ芸能界から足を洗え」と言って環を人質に取り、壮五を脅す。

壮志は今日は仕事があるのか壮五に訊き、今日のラジオの仕事を最後にしろ、と言う。環は部屋から出られなくなってしまったため、壮五は1人でラジオ局に向かう。環は、壮五が好きなものの話をするところを壮志に聞かせるため、部屋にラジオを持って来させる。

壮志の「芸能人は流れ者を相手にする水商売」という認識は、ZOOL(特に悠)の「ファンは馬鹿で移り気」という考えに通じる。

 

17章 壮五と音楽、バックダンサーの、TRIGGER。

1.ラジオ局。壮五1人でのラジオが始まった。

壮五は曲を紹介する前に、自分の過去の気持ちを話し始める。

「自分のことも、自分がいる環境も、自分の性格も、僕は好きじゃなかった。間違えるのが怖くて、いつも不安で、人の顔色を窺って……だけど好きな音楽を聴いている時は自分のことが好きでいられたし、好きなアーティストを応援している時は自信を持っていられた。新しいアルバムを買ったり、こっそり応援コメントを送ったり、そんな時の僕は自信に溢れていて……素敵なことができる自分が少しだけ、好きになって、子供みたいにはしゃいでいた。僕はずっと、自分のことが好きになりたかった。憧れたアーティストみたいに、思い出の曲みたいに、自分を好きになりたい……好きなものや、大切なものを、僕を守ってくれたものを、守れるようになりたい。僕に優しくしてくれた大切な友達を、憧れた人たちを称えるような、いいことがしたい。亡くなった叔父はもう歌えない。TRIGGERの歌も街から消えた。それでも、憧れた思いはこの胸に残ってるから。僕は音楽と生きていたい」

そう話しながら壮五は涙を流す。曲は予定を変更し、TRIGGERの『SECRET NIGHT』を流す。TRIGGERの3人もこれを聞いていた。

 

逢坂宅。ラジオを聞いた壮志に、環は「そーちゃんが自分を嫌いになったのはあんたのせいだ。なんで好きなもの好きって言っていけないんだよ!なんで違う人間を認めてやらないんだよ!」と言う。

 

ラジオ局の外には、心配した壮五のファンが集まって来ていた。

 

2.壮五がファンに声を掛けられながらラジオ局を出ると、タクシーで環が迎えに来る。環はファンに「俺たちは仲良しじゃねえけど、一緒にやってくよ。そーちゃんの作った歌、俺歌うよ。明日はまたケンカするだろうけど、明後日は仲直りするよ。だからみんな、俺たちの続き見ててよ。俺たちは大丈夫だって教えてよ」と言う。

壮志はラジオを聞き、7000万円とFSCホールを貸す気になり、環から壮五に渡すよう借用書を預けた。

 

TRIGGERのコンサート開催を知った了は、FSCホールに圧力をかけ止めさせようと目論む。しかし虎於が「マスコミはFSCが大きなスポンサーになっているから、マスコミを使ってFSCを叩くことはできない」と指摘され、今回は妨害を諦める。

 

壮五「勘当が解けたわけではありませんが、少しずつ、これからも話していけたらと思っています」

万理や岡崎は、TRIGGERのスタッフ手配などを手伝う。演出に関しては、ゼロの舞台演出家だったHaw9に頼むことができた。

あの父親がこんなポーンとお金貸してくれるかな!?ちょっと展開が急すぎたんじゃないか。

 

3.十宅でTRIGGER・姉鷺・九条(Haw9)が打ち合わせ。九条が演出を引き受けるのは天にも予想外だった。

TRIGGERのチケットは完売。i7も行けないスケジュールではなかったが、陸は行かないという。「前までは離れてることが不安だったんだ。家を出た天にぃの気持ちや、オレにアイドル辞めろって言った天にぃの気持ちが分からなかったから。今は違う。天にぃの目で景色を見てるように全部分かる。天にぃは大勢の人に感謝してステージに登って、客席を埋め尽くす光を心から尊敬しながら歌うんだ。今なら全部分かる。仕事をきちんとするってことは、自分を好きになる努力をするってことなんだ。自分を愛することにも、誰かを愛することにも、天にぃは手を抜いたりしない。だからみんな天にぃを好きにならずにいられないんだよ」

 

コンサートが終わり、TRIGGERはこの3人で日本一になると改めて確かめ合う。

十「ブラホワで勝った時よりも、ゼロアリーナこけら落としの時よりも、今が理想のTRIGGERだ。俺と楽と天で、Re:valeを超えて日本一になりたい。本気でそう思ってる」

天「3人でゼロアリーナに辿り着こう。他の誰かとじゃ嫌だ。たとえ陸でも。同じ夢を見るのは、キミたちがいい」

そんな時、ミスター下岡がSNSで「TRIGGERがまた調子に乗らないか心配。あの子たち生意気だったからね」と発言し、TRIGGERファンの反感を買う。しかし百いわく、これはTRIGGERを擁護する発言をしやすくし、TRIGGERの味方を増やすためにわざとした発言。これに続いてRe:valeも何か仕掛けようとしている。

 

4.i7は全会場満員で1周年ツアーを終えた。

MOPでTRIGGERが14位に上昇。1位はRe:vale、2位はZOOL。i7は7位だが、『Friends Day』が終わればもっと順位が上がると一織は予測している。

i7、生放送の音楽番組に出演。色々な番組でTRIGGERの話をしてはいるが、どれもカットされてしまうので、生放送のこの番組で演技力のある大和がさらっと「TRIGGERのライブ行きたかったな」と名前を出す。司会者はスルーするが、視聴者にはTRIGGERが活動していることをアピールできた。

同じ番組にて、Re:valeはライブ会場から中継で『太陽のEsperanza』を披露。

するとバックダンサーでTRIGGERが登場。驚くi7と観客。

 

5.TRIGGERはこの10日前、バックにつくようRe:valeから提案された。
この番組を見ていた了は『Friends Day』でRe:valeとi7に何か仕掛けようと企んでいる。了は「気分転換に陸の歌を聞こう」と言う。
『Friends Day』会議。i7メンバーはそれぞれのコーナーごとに担当が分かれる。
・視聴者が思い出の歌に投票する「Friendsメモリアルソング」を大和・陸
・視聴者が誰かに伝えたいメッセージを読む「Friendsメッセージ」をMEZZO
・応募者によるパフォーマンスコーナー「Friendsスター」を一織・ナギ
・三月はメイン会場とそれぞれのスタジオを繋ぐサブMCを担当。

 

ミーティング終了後、千宅でi7・Re:vale・紡・岡崎が集まり裏ミーティングを開き、ツクモへの対抗策を話し合う。了は、Re:valeが新人の頃に千が星影に引き抜かれそうになっていたところを助けたのをきっかけに、百と付き合うようになった。了が何を仕掛けてくるか百にも全く想像できないが、百への当てつけとしてi7に何かしてくる可能性が高い。

百「みんなデビューしてまだ1年なのに、ディープな案件に巻き込んじゃってごめんな。だけそこの仕事を嫌いにならないでほしい。この世界は本当にこの仕事が好きで、いいものを作りたい人たちもたくさんいる。お金や地位なんかじゃ動かない。TRIGGERの味方をしない人たちを見ても、臆病者だと思わないで。家族やチームや仲間にために、じっと我慢してるヒーローなんだ。そんな人たちに頼りにされてるi7ってグループを誇りに思って、ずっとこの仕事を好きでいてほしいな」

陸「嫌いになったりしません。オレ、ここでずっと歌っていきたいです」

番組最後に3グループで作った曲『Happy Days Creation!』を笑顔で歌えるよう、番組を成功させようと結束するi7とRe:vale。

 

18章 Friends Day、本番。

1.もうすぐ『Friends Day』当日。i7はテレビで見てくれるであろうTRIGGERのためにも頑張ろうと気合を入れる。

Re:valeはこれ以上i7を巻き込まないため、対ツクモ組織が存在することは話していない。その名簿は千が管理している。

百は番組フィナーレ時、i7のみになるメイン会場に了が仕掛けてくると考え、了に気づかれないようi7をメイン会場からスタジオに変更しようとスタッフとラビチャしていた。

 

しかし了は百のラビチャを監視していたので、了側のスタッフをi7のスタジオに移動させ先手を打つつもりである。了は環の父親を呼び、泥酔させた状態で環と再会させれば環が暴れると踏み、番組をぶち壊そうとしている。

了は「録画しておかなくっちゃ。陸を撮るんだ。あの子は僕のために歌っているから」

巳波「楽器の練習をする彼には私も目を奪われましたから、了さんのハートにも刺さったのでは?」

 

『Friends Day』当日。本番直前の局内放送で千がスピーチし、皆の士気を上げる。「これから24時間、トラブルも起こって大変だと思うけど、どうか僕らに力を貸してください。学校に行けない子供たちや、病気や事故で困っている人たち、その人たちは見知らぬ誰かじゃない。いつか出会う僕らの友人だ。だから僕らにできることをしたい。僕らをメインパーソナリティーに選んでくれた、その名誉と信頼に応えます。何が起きたって僕らは困らない。困っている人たちを助けられるのなら」

i7が円陣を組み、いよいよ本番。『Happy Days Creation!』を歌うOPから『Friends Day』が始まった。

 

2.家で『Friends Day』を見ているTRIGGERの3人。事前に会場のチケットをもらっており、念入りに変装してフィナーレは会場に見に行くことに。

大和・陸はメモリアルソングの準備、MEZZO”は視聴者からのメッセージの準備をし、一織・三月・ナギはパフォーマンスをする女子高生ダンスチームを投げキスで激励する。

メモリアルソングの途中集計ではTRIGGERの『SECRET NIGHT』が1位。2位がRe:vale。

百「コネでもなんでもなく、それだけ大勢の人たちの心を動かしたんだ。あの子たち、愛されてるよ」

千「でもなんで『SECRET NIGHT』なんだろう?」

百「ファンからのメッセージじゃない?醒めない夢を一緒に。会いたい日々が切ない。ファンの間から、革命が始まっていく」

ランキング結果はその時は放送されたが、次からはTRIGGERの曲をランキングから外すと言うスタッフ。大和・陸や一部のスタッフは反対するが、次の集計からTRIGGERの曲はランキングから外されてしまう。

 

3.これで、TRIGGERの問題とチャリティーの正当性を問う問題が1つになった。Re:valeは、これがTRIGGERの問題を浮き彫りにするには最高の流れだと考える。

一織・環は18歳未満のため、陸は体調を考慮し夜はホテルで休む。3人がホテルに向かう途中、環は父親の顔を見かけたように感じる。陸はスマホを忘れ、テレビ局に戻る。

テレビ局の廊下で陸と了が会う。

了「君にとても会いたかったよ。君は僕と同じものだって分かったから。同じように、家の中でひとりぼっちだった。だから僕らは誰より理解し合えるんだよ。僕にはわかるよ。君の家では君は異端児だった。僕もそうだった。ようやく出会えたね!僕は陸の味方だよ。なんていうか、僕は君だし、君は僕なんだ。何かあったら僕が面倒見てあげるから」

陸は了から一方的に、ラビチャを交換しようと迫られる。そこに百が来て了を追い払い、何かあったらすぐ連絡するよよう陸をフォローする。

 

次のコーナーはi7大人チーム大和・三月・壮五・ナギによる30分トークコーナー。

百「秋の夜長に、こたつを囲んでお届けします」

 

4.翌朝。眠気が限界の大和・三月・壮五・ナギに、一織・環・陸が合流し、3人は元気な声で周りを活気づける。それを見て万理は「あの子たちは自分の役目が分かっていてえらい。誰かのために、ピエロにも戦士にもなれる」と感じる。
了宅。了は、百の指示によるi7のスタジオの移動を受け、スタッフをスタジオに配置するように指示する。

メモリアルソングコーナーのスタッフと大和・陸の会話。ランキングの上位20曲中、TRIGGERの曲は3曲入っているが、上の指示でランキングに反映しないと言うスタッフ。このことはTRIGGERのファンを中心にネットでも騒ぎになっている。

陸「千さんが言ってました。困ってる人たちを助けられるなら、オレたちが困ることは何もないって。オレも同じ気持ちです。TRIGGERと仲が良かったからじゃなくて、今日は『Friends Day』だから。TRIGGERのファンだって友達だです。友達が悲しむことはしたくないです」と、もう一度TRIGGERの曲を反映できないかスタッフに頼む。

 

TRIGGERの3人も『Friends Day』会場へと出発。TRIGGERの曲のランクインがもみ消されていることを知っていた。

楽「ファンの気持ちだけで充分だ。このままじゃRe:valeも巻き込んでしまう」

そこに九条が現れる。「ファンを止めることはできないよ。それこそがファンの持つ力だからね。了も八乙女くんも、それが分からないまま世の中の人々をコントロールしようとしている。本当は真逆なのに。大衆が、アイドルを理想のアイドル——終わらないアイドルに近づけるためにコントロールしているんだ。天、君はファンが最後の1人になっても、その人のために歌い続ける。千もそうだ。自分の歌を愛する人間を愛さずにいられない。お前たちはステージから消えない。だから選んだ」

「天はTRIGGERを抜ける。今は僕を簡単に捨てない証明のためにTRIGGERでいるだけだ」と楽・十に言う九条。楽は「九条天はTRIGGERのセンターだ!お前には渡さない!」と九条に反発する。

九条は何があってもステージに立ち続ける、終わらないアイドルを求めている。だから天に「世界が終わるまで歌え」と教えた。

 

5.肝心の天は「まあまあ落ち着いて」と2人を仲裁するだけで、自身がどうするつもりなのかはっきりしない。ひとまずTRIGGERは、同じく『Friends Day』会場に向かう九条の車に乗せてもらう。

 

会場。メモリアルソングの集計が終わり、i7が歌う曲が決まった。ランキングはTRIGGERの『SECRET NIGHT』が1位で、制作局長の判断で歌えることになった。

局長「『SECRET NIGHT』に投票したTRIGGERやRe:vale、i7のファンを敵に回すことは、ツクモを敵に回すよりも怖い」

しかし百は、TRIGGERの曲を歌った陸が了から攻撃されるのではないかと恐れる。一織もまた、陸が例の痛ましい表情でTRIGGERの曲を歌い、大衆の心をコントロールできなくなることを恐れている。

しかし陸自身は「TRIGGERを助けるチャンスだから。攻撃されたっていいです。百さんやTRIGGERもだけど歌ってきたでしょう!?オレも歌います。望まれる時に望まれる歌を歌うのがオレたちの仕事です」と、歌いたいと思っている。他のメンバーも陸に賛成し、『SECRET NIGHT』を歌うことに決まった。

 

一織は陸を呼び止める。

一織「約束してもらえませんか?この先何があっても、どんな誉め言葉や非難が降り注いだとしても、全部無視してください。あなたは単純ですぐに心が弱る。そんな愚かなあなた自身より、分析に優れた私を信じてください。私は世界中の誰よりもあなたを知っています。弱点も魅力も、限界も醜さも。その上であなたが最高のスターだと言っているんです。私にあなたをコントロールさせてください。私を指針にして、私の顔色を窺っていいか悪いかを判断して。私のどんな要求にも従って。私以上にあなたの成功を考え、あなたを導ける人間はいない。私を嫌って、憎んでも構いません。だけど私を疑わないでください。あなたの願いを叶えるために」

陸「オレの願いがわかるんだ?」

一織「当然でしょう。誰よりも私を意識してほしいんです」

陸は「一織は友達だし、なんだかんだ信用してるから」と、コントロールされることを受け入れる。

陸「オレを置いていかないで。オレも置いていかないから。オレのためだとしても絶対に止めて。行く先が天国でも地獄でも、オレは先に行かないし、一織も先に行かせない。それでもいいなら、オレをコントロールしてもいいよ。それで?早速コントロールしてみる?」

一織「七瀬さん、私を見て。今TRIGGERを救えるのはあなたしかいない。今の状況がおかしいことを、会場の皆さんに、テレビを観ている人々に、あなたの声で訴えてください。皆が待っている言葉を、歌を届けて。病室で眠る七瀬さんの前で歌った九条さんのように。流れ星を降らせて、虹を超えてください」

 

19章 TRIGGERの歌、ナギと巳波、MOPの行方、捕われの百。

1.了側のスタッフは、i7が来るはずのスタジオで待機している。環の父親も楽屋で待機している。MEZZO”はその楽屋の前を通り、環は父親の声を聞いた気がし、嫌な感じがする。すると壮五は「君に何かあった時は、君が傷つけられる前に僕が怒るから。僕を信用して」と以前約束したことを言う。
メモリアルソング1位発表直前、TRIGGERがメイン会場に着いた。
スタジオ。トウマは、了が陸に「ラビチャをやってるか」と訊いたことを不自然に思っていた。百のラビチャを覗いていれば、陸のラビチャも知っているはずだからだ。三月と百はラビチャ上で絶交したが、トウマはそれも茶番ではないかと勘付いていた。トウマの予想通り、スタジオにはi7ではなくRe:valeが現れた。Re:valeは、i7のスタジオ変更が罠だったことを明かす。環の父は岡崎によって裏に連れて行かれる。
メイン会場。一織「七瀬さん、あなたをスーパースターにすると約束した。恐らく今夜、その約束が果たせる。その先に何が待つかは分からない。ノアの洪水の始まりの雨かもしれないし、伝説の始まりかもしれない。恐ろしさも不安もある。それでも私はこの先が見たい。大丈夫。私が全てコントロールしてみせる」
九条「わかるよ、高校生(一織)。自分が作ったアイドルが、最高の光を浴びるかもしれない。その誘惑には勝てない。そして僕はゼロを失った」
いよいよ1位の発表。その前に陸は「1位の歌についてついさっきまで話し合ってました。この歌とアーティストは、『Friends Day』のイメージを悪くするかもしれないから。だけど歌うことに決めました。悪い歌なんてどこにもないから。誰かが何かを好きだっていう気持ちを大切にしたいから!オレたちは、頑張ってる人、戦い続けてる人を応援したい。子供の頃のオレがたくさんの歌に励まされたように、誰かを励まして生きたい。オレがどんなに弱くても、諦めるな、頑張れって優しく手を貸してくれた人たちみたいに」と言い、1位の曲、TRIGGERの『SECRET NIGHT』を発表する。

・2部8章3話、壮五は環に「君がつらい時、苦しい時にも、ちゃんと君は見守られてる。君の声がピアニシモより小さくても必ず気付けるように努力するって約束する。君が嫌な思いをしたら僕が先に怒るから、もう拳を振り上げなくていいよ」と言っていた。

・3部2章3話、九条は一織に「i7は長くは続かない。終わりはある日晴れた日に突然降ってくるにわか雨。それは降り続けて世界を滅ぼす洪水になる」と言っていた。一織と九条のプロデュース観は、根本の部分では似ている。

 

2.TRIGGERの曲で、熱狂に包まれる会場と視聴者。一織は歌いながら「すごいだろう、これがi7だ。これが七瀬陸の力だ。私が見守り続けた、この人こそスーパースターだ!」と、今までにないほど気持ちが高揚する。九条は「可哀想に、もう止められない」と呟く。陸は「どうかオレの歌を、TRIGGERの歌を聴いて。TRIGGERが真剣に歌っていたことを思い出して。天にぃをもう一度大きなステージに連れて来て!みんなもっと大きな声でオレと一緒に歌って!」と、観客をさらに巻き込み熱狂させていく。
反対に、天は「こんなに大きな声は陸には支えきれない」と苦い顔をする。九条「止められない。あれは嵐を起こして消え去っていき、やがて滅びる。あの子は、天のように与える約束も持たない。千のように無から生み出す歌もない。ゼロなのに引力を持ってしまった」
i7が歌い終わると、観客の1人がTRIGGERに気づき一斉に注目する。九条の指示で3人は席を立ってお辞儀をすると、観客は暖かい声援を送る。こうして『Friends Day』は無事終了した。

『Friends Day』を見た九条は今までよりも一層、陸の姿をゼロに重ねている。

 

3.『SECRET NIGHT』を歌ったことでi7とTRIGGERに好意的な視聴者が一気に増えた。MOPでは1位Re:vale、2位ZOOLに続き、TRIGGERが3位、i7が4位に上昇した。陸に「明日から少し世界が変わると思います。私とした約束を忘れないで」と言う一織。
翌朝、寮の前には今までないほどのファンが集まって来ていた。その多くは陸に会いたがっている。
岡崎事務所。MOPではトップ3までが会場でライブを行い、Web番組で生放送する。Re:valeは千の提案で、i7とTRIGGERが両方出られるよう、MOPを辞退する。
MOPでTRIGGERとZOOLが対決することになるかと思われた矢先、ZOOLもMOPを辞退するという知らせが入る。Re:valeの辞退に乗じてZOOLも抜けることで、MOPという賞自体の価値を下げ、TRIGGERの復活劇がヤラセであるかのように見せることが了の目的だった。
i7とTRIGGER、どちらが1位になっても誰も納得しないような空気の中、音晴は「TRIGGER、i7、MOPの名誉を守るためには、君たちがTRIGGERの強敵になってTRIGGERと本気でぶつかり合うことだ。ブラホワで君たちが賞賛されたのも、TRIGGERが全力で真剣に歌ったからこそだ。全身全霊でTRIGGERと対決しなさい」と、i7を叱咤する。i7もTRIGGERもお互い、全力で戦うことを決意する。

・一織と陸の約束=3部18章5話、「私にあなたをコントロールさせてください」

アイナナのオタク、マナー悪すぎか!(笑)

 

4.音晴はMOPで披露する新曲(『ナナツイロREALiZE』)をi7に聴かせる。メンバーは、自分たちの絆を歌ったようなi7にぴったりの曲だと感じる。
TRIGGERも新曲(『DAYBREAK INTERLUDE』)を用意している。
了は、MOPが終わった直後に、陸と天が双子で全てヤラセだったとマスコミに流そうと考えている。了は、陸がTRIGGERの曲を歌ったことを怒っている。
ナギと巳波は、東京アイドルコレクションというファッションイベントで共演予定。2人は雑誌で対談する。
巳波「子供の頃に映画の撮影でオーロラを見にノースメイアに行き、素敵なところだと思って留学を決めた。ノースメイアは立憲君主制で王室が発言力を持っている」
ナギ「その発言は誤解を招きます。ノースメイアは民主主義を重んじる高度な社会福祉の整った国家」
巳波「若者を中心に、王政復古を唱える人々もいる。皇太子もそれを匂わせる発言をしている。国内では王室支持者が増えており、いずれ主権は王家に戻るでしょう」
ナギ「いいえ、この国は国際社会から非難を浴びるようなことは決してしません」
巳波「穏健派の頼みの綱は、国際社会に愛される第二王子。彼は社交的で優秀で語学に長けており、国際社会の信頼を得た。彼は、反政府組織が関与していると噂されるモルク宮炎上事件を解決した。彼は近隣社会からアイドルのように愛され、ノースメイアのシンボルになった。ですが私に言わせればただの子供です。その理由は彼が寵愛していた音楽家。王子は、彼が病で宮廷から退いたと思っているようだが、音楽家が政治利用を恐れて姿を消したとは、一度も思わなかったのでしょうか?」
迎えに来た万理に、突然「ノースメイアに帰る」と言い出すナギ。ナギは『Sakura Message』を作詞したのは誰かと訊く。
MOP前日。百にトウマから、相談があるとラビチャが来た。千は「モモは人が良すぎるから心配なんだ。昔の僕みたいに救いようのない人間はいる。そういう人は大事な友達の忠告さえ鬱陶しがる。厄介なのは、そいつが滅びる時に周りまで巻き込むことだ。万の顔の傷がそれだ。月雲が自滅するのはどうでもいい。けどお前が巻き添えになるのは嫌だ」と心配する。
トウマは、了が陸と天が双子だとバラそうとしていることを相談する。トウマは、陸・天の家族まで巻き込まれてしまうことを心苦しく思ったのだった。
そこに了が現れ、トウマが責められそうになるが、百が機転を利かせ「オレがトウマをゆすった」と芝居を打ち、トウマを逃がす。了は「これ以上このことを誰かに話せば、お前の家族や前のメンバーに不幸が及ぶ」とトウマを脅す。
寮。ナギはリビングでぼーっと、春樹と再会してi7メンバーと幸せに過ごす想像をしている。ナギ「ですが、魔法は解けるものです。ワタシも最近知ったのですが」

ナギの情報まとめ。

・ナギは8か国語を話せる

・ナギの母親は日本人

・ソルヴァルドら王室はナギの母の血を敬遠した

・ナギはノースメイアにいた頃、月に1度国民の前で定例会見を開いていた

・巳波が言っている「第二王子」はナギのことだと考えていいだろう。桜春樹は、自身の曲が政治利用されることを恐れて姿を消した?

・3部16章4話、大和は「ノースメイアは今、政治問題でざわついている。財政が豊かで、高度な社会制度改革をしたのが10代の貴族か何かの人」だと調べていた。

・1部8章2話、ミューフェス前にナギは「ハルキ、もう一度あなたの魔法をかけてください。ワタシたちに奇跡を起こす力を」と口にしていた。ナギは、春樹の曲には魔法のようなパワーがあると思っているが、それはいつか解けると最近知った。

 

5.引き続きMOP前日。
本気で怒った了は百のマンションまでついて来、マンションの管理人に口利きして監視カメラを止め、柄の悪い輩をモモの部屋に呼んだ。百に手錠をかけ、双子暴露は絶対に邪魔させないと言う了。
「なんでそこまでアイドルを嫌うんだ」と百が訊くと、了はこう言う。
「ゼロを見に行ったことがある。みんながゼロを褒めちぎっていたから、少しだけ期待して行った。客席からゼロを呼んで手を振った。だけどゼロは振り向かなかった。がっかりしたよ。こんな風にアイドルは簡単に人の期待を裏切る。モモ、お前も。酔い潰れた時に『自分は5年で期限切れだ』とモモは言った。『じゃあ僕と何かしようよ』って言ったら、いいよって言った。なのにモモはRe:valeのままだ。お前たちはくだらない嘘つきだ。だからZOOLを使って、アイドルなんか価値はない、インチキな詐欺師だって教えてあげるんだ」
百はそれを「酸っぱい葡萄の童話と同じだ。手に入らなかったものが良いものだったら悔しいから、本当は欲しかったのに、罵っていらないふりをして、価値を下げた。あんたは思い通りにならないからって、好きだったものを否定することで自分を守っただけだ!」と、了の核心を突く。
了は手下たちに、百に大量のアルコールを飲ませてベランダから落とすよう指示する。「再び相棒を失った千は、呪われた我が身を嘆くだろうね。お前の後輩たちも双子の正体がバレてめちゃくちゃになる」と言う了。しかし百が「先手は打ってある。また『Friends Day』みたいにしくじるだけだ。今度こそ、あんたの家族もあんたを笑う」と言うと、了は「双子の件には触れないでおこう」と、暴露を諦めたようだ。しかし逃げきれず、ベランダから落とされそうになる百。
千は百から連絡がないことを不審に思い、トウマに会いにテレビ局に向かう。トウマは了を恐れ、何を相談していたのか頑なに話そうとしなかったが、冷静でいられなくなった千に押され、話し始める。
小鳥遊事務所。ナギの様子が気になった万理が『Sakura Message』の作詞家に確認すると、「『Sakura Message』の歌詞は、外国なまりの人物に脅されて書いた。自分の作品じゃない」という。
ナギの部屋を三月が訪ねると、ナギは「大事なものを捨てる時、ミツキならどうしますか」と訊き、何かを捨てようとしている。ナギは「思い出に残して捨てていきます」と言って泣き出してしまう。
九条宅の前。楽が九条宅を訪ね、九条が迎え入れる。

・3部12章5話、了は「2人のアイドルに裏切られた」と言っていたが、この2人とはゼロと百のことだと分かった。

・『Sakura Message』の作詞家は誰に脅されたのか

しかし了さん、簡単に暴露諦めすぎじゃないか?それだけ『Friends Day』での失敗がトラウマということか。

 

20章 楽の宣戦布告、陸のやり方、MOPの勝者。

 

1.MOP前夜。九条宅。九条と楽の会話。

楽「天は何も話さないが、あいつが七瀬を大事にしてることはわかる。亥清が『あいつは病気の弟を助けるためにあんたの養子になった』と言っていた。本当か?」

九条「ある意味ではね」

楽「だとしたらあんたは人買いだ!」

九条「あの子は望まないことにただ屈服し続けたりはしない。僕の夢を叶えることが、あの子の夢だ」

楽「俺にはそう思えない。あんたといるあいつは息苦しそうで不自由そう見える。あいつはゼロを超えるが、あんたのゼロにはならない」

九条「そんなことは僕だって望んでいない。夢の半ばで姿を消したアイドルを、愛し続けていられると思うかい?ゼロは僕を裏切った。春樹はゼロを裏切って、ゼロの歌を世界中にばら撒いてる。だから僕は天と一緒に夢を叶えるんだ」

楽「あいつはそんなこと望んでない。あいつを自由にしてやってくれ」

九条「天を縛ったことはない。君たちこそ天につけ込むのはやめてくれ。あの子は優しい子だから、君たちが二流でも見捨てられないんだよ」

楽「あんたの基準で決めた二流だろ。俺は俺の一流を生きてる。歌もダンスも自分の力で物にしてきた。TRIGGERになってからは天や龍にふさわしいように。あいつのプロデューサーにふさわしくないのはあんたの方だ。今の時代に天っていう人間を見つけて、うわ言みたいにゼロの名前を繰り返してる」

 

巳波は元気がなかったトウマを心配しながら街を歩いている。「元気になるといいなんて、自分でも知らないうちに愛情が芽生えていたんでしょうか。虎於さんもトウマさんを追いかけて行った。なんだかんだ気にかけているんですね」

すると突然ナギに口を塞がれ、路地裏に連れ込まれる。

 

百宅。

百は酔って寝たふりをしている間に、逃げ出す策はないか考える。

するとマンションに千が来る。千は合鍵を持っている。百の部屋まで来たら千まで手を出されかねないため、千を追い返したい百。

了の手下たちは了に連絡するが、電話が通じない。男たちと百が口論している間に、千が鍵を開けて部屋に入ってくる。男たちは「妙なことをしたら割れたボトルで相方の顔を潰す」と百を脅す。

 

MOP当日。ゼロアリーナ前に天が来ている。

天「今は遠いな、ゼロアリーナ」

そこで陸と偶然会う。

天「テレビで陸を見てたよ」

陸「オレも見たよ、街の中でTRIGGERが歌ってるところ。天にぃが泣いてるのも。TRIGGERとファンの間にある絆みたいなものに感動したし、天にぃが、歌、歌ってて良かったって言ってて嬉しかった。MOP終わったら、家に帰っておいでよ。父さんや母さんの顔、久しぶりに見たいだろ?」

天「もうボクの両親じゃない」

陸「天にぃの家族だよ。今夜、TRIGGERに勝つ。オレが勝ったら家に帰って」

天「取引みたいなことはやめなさい。ボクらはファンのために歌う。他に意味を持たせるべきじゃない。賭けなんてしないよ。約束できる?TRIGGERが勝ったらi7を辞めて、芸能界からいなくなるって」

黙り込む陸。

 

MOP前日。十と了が街で出くわす。

了「なんだ、ATMの彼か」

十「ATM…?ああ、『あなたは、ちっぽけで、無力だ!』」

了「言いたくないから略してるのに、わざと言ったな?」

十「そういうわけじゃないんですけど…もう一度言います。あなたは、ちっぽけで、無力だ。俺たちはここまで来ました。あなたはその足を…正しくは人の声を止められなかった」

了「君たちを嘲笑する声も止まっていないよ」

十「笑われるのがそんなに怖いですか?好きなことをして、好きな仲間たちと一緒に笑って、それでも笑われるのが怖いですか?俺は今人生で一番楽しいです。誰かが用意したTRIGGERに入ったわけじゃなく、自分の意志でTRIGGERをやってる。自分で選んだ道を歩くのがこんなに楽しくて手応えがあるものだと、思いもしませんでした。絶望してから気づいたんです。絶望なんて大したことじゃないって。俺が俺でいる限り、何度でも立ち上がれる。仲間がいる限り孤独じゃない。夢がある限り希望は続いていく。天と楽を、俺たちのファンを、俺はゼロアリーナに連れて行きます」

了「モモといい君といい、アイドルは痛みに鈍いみたいだな。モモは酔っ払ってマンションのベランダから落ちて死んだよ」

「あなたは、ちっぽけで、無力だ」3部11章5話、東京国際音楽芸術祭で十がひとりで歌った際に了に言った言葉。

 

2.百宅。

千が部屋入ってくる。百は「友達と飲んで来て眠いから、帰ってくれ」と千を帰そうとするが、千も「月雲と会ってたんだろう?トウマくんが言っていた」と帰ろうとせず、粘る。2人が揉めていると男たちが奥の部屋から出てくる。了から「千を始末しろ」と連絡が来たらしい。追い詰められるRe:vale。

千は「僕が今まで何人病院送りにしてきたか知らないだろ?インドアで運動音痴なのはテレビ用のキャラ作りだ」と、とっさに脅しをかける。

 

九条宅。九条と楽の会話。

楽「あんたには情熱がない。あんたの夢はとっくに死んでる。あんたにあるのは、経験と知識と灰になった妄執だけ。俺たちは違う。俺たちは今を夢見てる。あいつはお前のゼロじゃない。俺たちTRIGGERの九条天だ!あんたが金と妄執で買ったあいつの人生を取り戻す。これ以上天に関わらないでくれ」

九条「天は僕が作った、僕のアイドルだ!僕と一緒にゼロを超える。他のやつに邪魔させるものか。僕の夢は死んでなんかない!」

 

路地裏。ナギと巳波の会話。

ナギ「『Sakura Message』を歌うワタシは最高だと言ったそうですね。ならば、本当のメッセージを知っていたはず」

巳波「ようやく意味に気づきましたか。噂で聞いていたあなたらしくない」

ナギ「あの方がここまで悪趣味だとは想像していなかった」

巳波「あなたは、自分で思っているよりずっと、憎まれている。同時に利用されようとしている。おかげで桜さんはひどいとばっちりを受けていました」

ナギ「ハルキに会いましたね」

巳波「ノースメイアでね。遺言状を預かったのも私。安全のため、日本で投函しました。桜さんはもう長くない。病気を抱えたまま、どこにも定住できずにいた。はっきり言ってあなたのせいです。あなたの弱味になってしまったせいで、あなたを利用しようとするいくつもの組織に追われ、穏やかに死ぬことすらままならない」

ナギ「ハルキに会ったのはいつ?」

答えを渋る巳波。強引に迫るナギに押され、「6月です。『誕生日おめでとう、ナギ。残念だけど、来年はもう祝えないだろう』と言っていた」と答える。

巳波「あなたはエッダのバルドルです。バルドルを失ったノースメイアは光を失う。そして桜さんはミスティルテインだ。万物がバルドルを傷つけないと誓った時、若い新芽だったミスティルテインだけが誓いを立て損ねた。それを神々の敵に利用され、ミスティルテインバルドルを絶命させる矢となった。あなたのせいで死に急いだ桜さんを、助けてくれるんでしょうね!?ナギ・ヴァルハルト・フォン・ノースメイア殿下!」

 

十と了の会話。

「百さんが死んだ?嘘をつくな!」了に掴みかかる十。

了が「TRIGGERの十龍之介が暴力を振るおうとしてるよ」と叫び、手を離す十。

了「愛されるアイドル。無力なのはお前たちさ。イメージを気にして手も足も出ない。ここでボクを殴ってTRIGGERの復活劇を終わらせる?出来ないだろう?」

了に手下たちから電話がかかってくる。了は「モモの前で千から始末しろ」と指示。

十は「連絡先を教えろ」と了に掴みかかるが、通行人には「撮影です」と言う。十「お前の言う通りだ。(世間のイメージでは)TRIGGERの十龍之介は街中で取っ組み合いをするはずがない、セクシーで優しいお兄さんなんだよ」

 

百宅。

千は「無名の僕らが一滴の血も見ずにこの世界でのし上がってきたと思うか?地のイヴと呼ばれたライブでは、30人を病院送りにした」などと言ってこの場を切り抜けようとする。

そこに了から電話があり、引き上げるように指示が入る。手下たちは退散。

千「二度と騙すなと言っただろう?僕も勝手だがモモも勝手だ。僕に歌えと言ったくせに勝手に5年で辞めようとするし、勝手にベランダから飛ぼうとする。飛ぶ時は道連れにするくらいの根性見せろ!」

百は千の顔をぶつ。

百「Re:valeを終わらす気はない!だけどどっちか消える時はオレが先だ」

千「僕は相方に庇われてとんずらされた男だぞ?相方の犠牲なんてトラウマに決まってる。よくもそんな鬼畜な提案ができるな」

百「鬼畜は千の方だろ?オレは元ファンなんだ、道連れにしたいわけない」

Re:valeが言い合いしていると、岡崎が助けに来る。 

ナギが言う「あの方」とは?「あの方」が作詞家に電話し、『Sakura Message』を書かせたと見ていいだろう。

 

「エッダのバルドル」について、3部15章2話にこんな会話が出てきていた。

ナギ「その昔、歌は物語でした。古ノルド語で書かれた王の写本や、歌謡エッダと呼ばれるものが代表的。読書家のリクはヴォルスパー…巫女の予言…世界創造から神々の黄昏までが語られた神話詩は知っているかも」

陸「ああ、ラグナロクか!」

 

3.十と了の会話。

了の手下が百宅から引き上げるよう、十が連絡させた。

了「お前は絶対に許さないからな!TRIGGERもお前の家族も、全部めちゃくちゃにしてやる。お前の力は僕に及ばない。絶望の底で恐怖に震えればいい!」

十「絶望するのも、恐怖に震えるのもお前の方だ。地獄に落ちろ、月雲了……俺の大事な人に手を出したら、お前を絶対に許さない」

 

ゼロアリーナ前。天と陸の会話。

天「i7を辞めるなんて、出来ないでしょう?取引したって賭けをしたって、ボクらは互いの願いを叶えることはできない。遠くまで来ちゃったね。陸のおねだりが、陸の願いを叶えてあげることが好きだった。誰かを幸せにできることがとても嬉しいことだって、教えてくれたのは陸だった。だけど今のキミのやり方には添えない。『Friends Day』で、陸はファンのことを考えずにTRIGGERのことばかり考えてた。あの歓声を引き起こしたのは陸だ。だけどボクは陸の力を認めない。あの観客がもし、子供の頃の陸だったとしたら、わがままをぶつけて、悲しみで動揺させて、無理矢理心を揺さぶるようなことはボクは絶対にしない」

陸「天にぃを、TRIGGERを助けようとして何が悪いの!?そのためにみんなの力を借りて何が悪いの?みんなだってTRIGGERを助けたいんだよ」

天「お客さんを扇動するようなことはボクらの仕事じゃない。お客さんは動かないまま、ボクらが誰より汗だくになって最高のパフォーマンスを届ける、それがボクらの仕事」

陸「なんで天にぃはいつも、オレのやること為すこと否定するんだよ!昔とは立場が違う。今はオレじゃなくて天にぃの方が不自由なんだよ」

天「決めつけないで。だからと言って陸に助けてほしくはない」

陸「ふざけるなよ!自分はオレのために、全部捨てたくせに…」

「……?」ピンと来ていない様子の天。

陸「頭に来た。MOPで1位になってブラホワでも勝って、日本一になる。それでオレのコネでTRIGGERをテレビに出しまくってやる。オレはオレのやり方で勝って、二度と天にぃに文句は言わせない」

天「ボクらも負けない。ボクのアイドル人生をかけて、全身全霊でキミのやり方を否定してみせる」

 

ついにMOPの時がやって来た。Re:valeと岡崎は千の家から中継を見ている。

MOP会場。袖で待機するi7。

「どうしてもTRIGGERに勝ちたい」と言う陸。

環はナギの様子がおかしいことに気づき、ナギの袖を引っ張り「なんかわかんねえけど、だめだよ、それ」と言う。

 

TRIGGER楽屋。天「どうしても叶えてほしいお願いがある。i7に勝ちたい。袂を分かった弟をこれ以上、調子に乗らせるわけにいかない。積乱雲だろうと嵐だろうと、ボクがここで食い止める。兄貴の意地、見せてやる」

 

通行人たちは、どうせ出来レースだと思いながら中継を見ている。

中継を見ている八乙女社長。「いくつもの奇跡をパッケージングしてきた。だが、価値のないものに踊らされ続けるほど、あなたたちは愚かではなかったはずだ。愚かだったのは私だ。TRIGGERじゃない」

中継を見ている音晴・万理。

万理「見ている人たちに伝わりますかね、i7とTRIGGERの本気が」

音晴「伝わるよ。真剣に生きている人たちには、真剣に生きている人が分かるものなんだ。どんなまやかしにも曇ったりしない。僕も君も、一生懸命生きてきた。それは、とてもつらくて、とても楽しいことだったねって、通じ合える」

 

4.袖でのi7の会話。

大和「千さんが言ってた。つらくてつらくて、楽しいだろうって。はじめは半分意味が分からなかった。でも、散々な思いをしただけ、この瞬間が楽しい」

壮五「やりたいことをやるのが怖かった。自分で選んだ道が取り返しの付かない失敗を生んで、誰かに迷惑をかけるのが怖かった。だけど今は違う。『ありがとう』だ。僕を支えてくれて、僕に好きなことをさせてくれて、どんな時も笑ってくれてありがとう」

三月「何を言われたっていい。オレらがピエロだっていうなら玉乗りしてやろうぜ。オレらにはもっと大事なもんがある。オレらにしか出来ないことだ。オレたちのファンと、TRIGGERのファンを笑顔にできんのは、今、世界中でオレたちだけだ」

客席を見渡すナギ。「七色のライトがオーロラのようです。ワタシの国ではオーロラは、戦場の女神、ヴァルキュリヤの甲冑の光と言われています。ワタシは、この景色がとても好きです」

陸「みんながいたから、みんなと一緒にここまで来れた」

一織に「今夜はあれしないの?」と訊く陸。「必要ないです」と言う一織。

 

パフォーマンス前に1人ずつコメントするi7。

三月「1周年の記念の日にMOPにエントリーできて嬉しいです」

大和「こんな場であれですが、実はi7を辞めようとしてました。その時ファンの子に、仲良くしてるi7が好きだって言われました。俺たちが揉めてんのなんか知らないはずなのに。全部見透かしたような、あの目がずっと忘れられません。みんなと俺たちは、遠いようで繋がってる。これからも見守ってください」

 

i7『ナナツイロ REALiZE』披露。歌いながら色々なことを考えるi7メンバー。

一織「終幕はいつもすぐそこに待ち構えてる。ここは、明日には崩れるかもしれない橋の上。ひとつ間違えば奈落に転がり落ちていく。それでも、みんなで同じ夢を見ていたい」

環「ずっとひとりぼっちだった」

壮五「誰かに認めてほしかった」

大和「誰かのために生きたかった」

三月「偉い人に褒められるためじゃなく、自分のことを好きになるために」

陸「オレはここにいるみんなと、一緒に歌っている自分が大好きだ!」

ナギ「………。」

紡「7人の歌声が、降り注ぐ星のように、会場できらきら踊ってる」

 

袖でのTRIGGERの会話。

楽「会いに行く、悲しませないって、ファンとの約束守ろうぜ!」

天「ボクたちはステージと奈落の境目にいる。その覚悟でステップを踏む。楽、龍、キミたちが好き」

 

MOP中継を見ている了は、「みんなアイドルに裏切られて、アイドルを裏切ってしまえばいい」と思っている。

 

TRIGGER『DAYBREAK INTERLUDE』披露。

TRIGGER「完璧な歌を、ステップを、ボクらをここに置いていく。自分のプライドのために、ファンのために、一緒に戦ってきた仲間のために」

天「100パーセントのボクらでファンに向き合う」

十「大丈夫。みんなの夢に終わりは来ない」

楽「俺たちが終わらせない」

天「どうか笑っていてよ。そのためにボクらがここにいる」

中継を見る通行人たちは「3人の一体感が増した」「TRIGGERがひとつの生き物みたい」と感じる。

 

ツクモプロダクションでMOPを見ているトウマ・虎於。

トウマ「陸、やっぱ俺、嘘ついてた。俺、この歓声が欲しい。この歓声を聞いて、感激して泣いてた頃に戻りたい」

楽屋でMOPを見ている悠・巳波。巳波は、天を見る悠の眼に羨望が混ざっていると指摘する。

三月「TRIGGERは世間の声なんかより、目の前にいるファンを大事にしてる。すげえよな」

MOPの鍵は「いかにグループが一体となれるか・誰に向けて歌っているか」にあった。
 
「ひとつの生き物みたい」に見えるほど一体化したTRIGGER。
一方のi7は、6人が想いを込めながら歌うのに対しナギだけが「…………。」である。
パフォーマンス前に大和がファンに全部見透かされてたような、あの目がずっと忘れられません」と言っていた。
ファンは、ナギの心がi7から離れていることもどこかできっと感じ取っていたはず。
 
また、TRIGGERはひたすらファンを笑顔にすることだけを考えて歌っていた。
対してi7、特に陸は「オレのやり方を天に認めさせるため」に歌い、「ここにいるみんな(i7)と、一緒に歌っている自分が大好きだ」と考えている。
MOPは「Music Of People」——「大衆のための音楽」賞であり、ファンのために歌わなければいけない場であるはず。

どちらが勝つかは明白だった。

 

5.完璧なパフォーマンスを見せたTRIGGERをi7が袖で出迎える。

MOP投票結果発表。勝者はTRIGGERに決定した。

悔しがりながらも、TRIGGERを祝福するi7。ナギ「みなで勝者を祝福しましょう!今日は勝ちたかったですけれど」

握手を交わす大和と楽。

 

了宅。了「今のうちに浮かれていればいい。ZOOLはJIMAで優勝する。ブラホワでi7を壊してやる。そこから先は僕の世界だ」

 

Re:valeがTRIGGERとi7をお祝いしてくれると連絡があった。

TRIGGER・姉鷺は八乙女事務所に寄る。事務所内には入らず、ビルの下から頭を下げるTRIGGERを八乙女社長が見ていた。

楽「九条に宣戦布告した。お前はあいつのもとに帰さない。九条や七瀬のために生きるのは止めるんだ。お前はゼロでもスーパーヒーローでもない。お前の人生を始めろ、天」

 

ゼロアリーナ前。九条「天はゼロを超えるアイドルになる。僕とゼロが叶えられなかった夢を、僕は天と一緒に叶える。春樹の最後の歌を天に歌わせる」

エンドロール。

 

i7楽屋。Re:valeが用意した打ち上げに向かおうとするi7。

楽屋に陸とナギが最後に残る。改まって陸に「今夜のリクの歌は最高でした。最高の思い出です。これからもみんなを支えてくださいね」と言うナギ。

ナギ「ヤマトが教えてくれたのですが、日本の大字で六弥ナギの六は、リクの陸でした」

陸「そういえばそうだ。陸って六って意味もあるんだよね」

ナギ「だからリクがいれば、ワタシたちは理想の形のまま、永遠に途切れません」

ピアノの連弾をする若い頃のナギと春樹、そして「Always beside you」の文字が映り、4部に続く。

3部8章5話、「六弥ナギの六はどの字か」大和に訊いたナギ。その字が「陸」だと教わると「ワタシたちは未来でもパーフェクトのままでいられます」と言っていた。

ナギは少なくともこの時点で既にi7を抜けることを考えていた。

 

 

 

20章については詳しく別記しました。

こちらも参考にしてください。

 

me-msc-u.hatenablog.com

 

me-msc-u.hatenablog.com